「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2010年5月3日月曜日

書評 『皇室外交とアジア』(佐藤孝一、平凡社新書、2007)-戦後アジアとの関係において果たした「皇室外交」の役割の大きさ




戦後アジアとの関係において果たした「皇室外交」の役割の大きさ

 この本は、「皇室外交」の主要な相手国である、王室をもつ国々が存在するヨーロッパ、アジア、中近東のうち、とくにアジアに焦点をあてて「皇室外交」を、訪問国におけるメディア分析をつうじて検証したものである。

 日本外交における「ソフトパワー」としての戦後天皇制、日本政府は「皇室外交」という名称は正式には使用せず、「外国交際」という表現を使っているとしても、本質において外交行為の一環であることは否定できない。

 そしてまた国と国との外交行為の一環である以上、天皇陛下をはじめ皇族を送り出す側の日本国と、訪問先の国々とのあいだで、思惑の違いやパーセプションには温度差があるのも当然である。これは訪問先の国によっても異なるし、また同じ訪問国のなかでもカウンターパートであるホストとその国民のあいだに温度差が存在する。

 アジアに限ってみても、大きく分けて東アジア(中国・韓国・香港・台湾)と東南アジア(タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン)では大きく異なるし、またそれそれの地域のなかでも、「歴史問題」という第二次大戦中の日本とのかかわりの度合い、王室やスルタン制度といった「文化構造」の有無朝貢国であったかどうかという「文化的価値観」、そして戦後めざましく再興した先進工業国日本への「期待度」といったファクターによって、温度差が異なるのも当然だろう。また、戦争経験世代の華人とそれ以外の温度差はきわめて大きい。

 公式、非公式を問わず、王室をもつタイ王国との関係が深く親密となっているのは当然として、意外なことにインドネシアのスカルノ大統領とスハルト大統領が皇室との接点を強く求めていたという記述であった。

 たしかに、戦後アジアとの関係において、昭和天皇が帯びていた「軍国主義イメージ」を払拭し、アジアの大国として「平和国家イメージ」をつくりあげるうえで、今上天皇による皇太子時代からの「皇室外交」が果たした役割がきわめて大きいことが、本書において確認された。

 しかしながら、2007年の出版でありながら、使用しているデータが1955年から1996年までのものとけっして新しくないこと、最近の傾向についての言及がきわめて少ないのが不満として残る。

 また、アジアにおいても、ラオスやネパールなどのように、革命や政変によって王室が廃止された国々があるように、世界の王制そのものが縮小するなか、「皇室外交」の意味と役割がいかなるものになるかの考察がほしかった。

 アジアにおける中国のプレゼンスが日増しに強大化する現在、日本はいかなる「ソフトパワー」でもって、とくに東南アジアでのプレゼンスと信頼感を勝ち得ていくべきなのか、「皇室外交」もそのなかに含みながらも、より大きな視点と枠組みがが求められるのではないだろうか。

 関係者には、より突っ込んだ考察と戦略が求められることであろう。


<初出情報>

■bk1書評「戦後アジアとの関係において果たした「皇室外交」の役割の大きさ」投稿掲載(2010年4月19日)
■amzon書評「戦後アジアとの関係において果たした「皇室外交」の役割の大きさ」投稿掲載(2010年4月19日)






<ブログ内関連記事>
   
西川恵の「饗宴外交」三部作を読む-国際政治と飲食の密接な関係。「ワインと料理で世界はまわる」!

書評 『クーデターとタイ政治-日本大使の1035日-』(小林秀明、ゆまに書房、2010)-クーデター前後の目まぐるしく動いたタイ現代政治の一側面を描いた日本大使のメモワール
・・小林元大使は市内の日本食レストランでは味わえない日本料理をいかがですかという誘い文句で多数の政治家を日本大使館公邸に招待することに成功した。「プーミポン国王即位60周年」と天皇皇后両陛下の訪タイをめぐる皇室外交の舞台裏がわかる貴重なメモワールである

本の紹介 『鶏と人-民族生物学の視点から-』(秋篠宮文仁編著、小学館、2000)-ニワトリはいつ、どこで家禽(かきん=家畜化された鳥類)になったのか?
・・タイ王室との関係を軸に東南アジアをふくめたアジアを中心にカバーしておられる秋篠宮

(2014年2月1日 この項目は新規導入)





end