「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2011年10月20日木曜日

青いみかんは旬の果物-野菜に季節感がなくなったいまも果物には旬がある!



 9月並の陽気が一転して、11月並の寒さになったり、それこそ猫の目のようにクルクルと天気がかわっていますが、風邪など引いていませんか?

 わたしは、先々週引いた風邪がまだ完治せずにいるところです・・

 ところで、フルーツの世界ではすでに 「選手交代」

 世界一うまいフルーツである日本梨の季節も終わりに近づき、いまの旬は「青いみかん」。写真は、熊本産の早生(わせ)のみかん

 みかんといえば、愛媛産や和歌山産が日本では常識ですが、この青いみかんは熊本産です、

 青いというよりも緑色と黄色のまだら模様といったほうが正確ですが、甘すぎず酸っぱい味が、この季節ならではのものですね。まさに「旬のもの」というべきでしょう。

 ハウス栽培が当たり前になって、野菜から季節感が失われて久しいですね。またグローバル経済のなか、輸入される野菜も増えています

 一年中トマトもきゅうりも食べられるようになったことはありがたいのですが、日本の野菜から季節感が消えてしまったのは残念なことです。

 そんななか、一年である特定の時期にしか食べることのできないのが果物

 日本の梨は言うまでもなく、早生の青いみかんもまた、一年のうちのごく短い期間だけ食べることのできる季節感あふれた果物だと言うことができます。

 一年をとおして入手できる利便性を犠牲にしても、一年のうちのごく短い期間だけ食べることのできるフルーツ。季節感を大いに味合わせてくれる貴重な存在だと言えるでしょう。






<ブログ内関連記事>

秋の夏みかん

鹿児島産の「ぽんかん」を今年もいただいた

イスラエル産スウィーティーの季節

"あきづき" という梨の新品種について

タイのホテルの朝食はオールシーズン「フルーツ三点セット」-タイのあれこれ(番外編)

万病に効く!-パパイヤ健康法のススメ
 
ゼスプリ(Zespri)というニュージーランドのキウイフルーツの統一ブランド-「ブランド連想」について

(2014年9月18日 項目新設)





(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!


 

end