「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2013年12月10日火曜日

拙著の台湾版が台湾のアートギャラリーで紹介されました!

©火腿看書))

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房、2012)の台湾版 『一個人的策展年代:串聯社群,你需要雜學資料庫』(世茂出版、2013)が、台湾のアートギャラリーで紹介されました!

台湾南部の高雄(カオシュン)市のアートギャラリー「HAM GALLERY」が開催した「HAM BOOKS」というイベントです。アートギャラリーの名前は「火腿設計師藝廊」(803 高雄市高雄市鹽埕區大義街)。「火腿」でハム(ham)というわけです。

イベントの目的は、「デザインに関して良い書籍を選んで、デザイナーや業界人またはデザイン好きな人に推薦する」、というものだそうです。拙著の台湾での出版社・世茂出版の方が教えてくださいました。


(真ん中の右寄り奥に拙著の台湾版! ©火腿看書

台湾版の 『一個人的策展年代:串聯社群,你需要雜學資料庫』(日本語の意味は「キュレーション」)は、台湾版のタイトルをうま表現したステキなジャケット・デザインになってます。 わたしもたいへん気に入ってます。

台湾のみなさんが、いわゆる「ジャケ買い」してくださるとウレシイですね!

願わくば、台湾版もまた電子書籍化されますよう!


<関連サイト>

火腿設計師藝廊(台湾高雄市) 公式サイト(中文繁体字)


<ブログ内関連記事>

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房、2012) が、2013年8月に台湾で翻訳出版されました!

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』が、"電子書籍の本命" アマゾンの Kindle(キンドル)版としてリリースされました!(2013年11月15日)

拙著 『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房、2012) が、iBookstore から「電子書籍化」されました!(2013年11月1日)

『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』の出版前の2012年4月に受けたインタビューを再録します


台湾関連

邱永漢のグルメ本は戦後日本の古典である-追悼・邱永漢

作家・陳舜臣はペルシアの詩人オマル・ハイヤームの『ルバイヤート』の翻訳者でもあった-追悼 陳舜臣さん

映画 『海角七号-君想う、国境の南』(台湾 2008年)をみてきた

川江美奈子 letters (CD)
・・台湾出身の一青窈(ひとと・よう)に「つないで手」を提供したシンガーソングライターの川江美奈子

特別展「孫文と日本の友人たち-革命を支援した梅屋庄吉たち-」にいってきた-日活の創業者の一人でもあった実業家・梅屋庄吉の「陰徳」を知るべし
・・東京・白金台の台北駐日経済文化代表処公邸「芸文サロン」で開催された特別展

タイのあれこれ (15) タイのお茶と中国国民党の残党
・・台湾に移動後の中国国民党

(2015年1月25日 情報追加)




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end