「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2009年6月14日日曜日

タイのあれこれ (1)-タイマッサージ





             
 タイのあれこれについて随想風に記しておきたいと思う。

 いまこれをやっておかないとタイにかんするあれこれが、記憶の底に沈んでしまう恐れがあるからね。 バンコクからの配信です。

 まず皮切りは、タイマッサージから。

 世界中のマッサージはいろいろ試してみた。日本の指圧はもとより、インドではアーユルヴェーダのオイルマッサージ、中国系の経絡マッサージ、スウェーデン・マッサージ、韓国のあかすりマッサージ、トルコ風呂ハンマームのあかすりマッサージ、ハンガリーの温泉マッサージなどなど。

 しかしなんといっても、自分にとってはタイマッサージが世界最高である! これが結論だ。

 バンコクに住んでいた頃は、週一回は必ずタイマッサージに通っていた。いきつけの店で、いつも同じおばちゃんを指名してマッサージを頼んでいる。

 今回2ヶ月半ぶりにいったら、「最近こないねー」と小言をいわれる。タイ経済が低迷しており、とくにイメージ悪化で観光客が減っているのが観光サービス業にはダメージになっているようだ。

 タイマッサージは2時間が基本である。時間がないから1時間、というのも可能だが、マッサージをする側からはあまり喜ばれない。タイマッサージにはきちんとした理論体系があり、できるだけ心臓から遠い足先かからマッサージをはじめるというセオリーになっているからだ。これがワット・ポー・スタイルである。タイマッサージはワット(=お寺)で始まった仏教系だ。

 タイマッサージは「二人ヨーガ」といわれることもある。かなりアクロバティックな体位をとらされるので、初めて体験する人はかなり怖がっているようだが、慣れればこれが快感になる。

 しかし、「二人ヨーガ」といわれるごとく、マッサージを受ける側とマッサージをする側の呼吸が合っていないと、マッサージの効果は最高度に発揮されない。いわば相性といってよい。だから、いきつけの店でマッサージ担当者を指名することが大事なのだ。

 料金は現在の相場はだいたいB500(1バーツは3.3円で計算すればよい)、日本で2時間のタイマッサージを受けると、なんと1万円もとられるので、それにくらべるとチップ入れても2,000円以下というのはめちゃくちゃ安い。

 日本ではなかなかタイマッサージ受けに行く気にならないのだが、それはサービス価格の面も大きい。

 タイではスパ(SPA)もすばらしい。日本ではいわゆる女性向けのエステであるが、別に男性がスパにいっても何の問題もない。マッサージだけなら、専門のタイマッサージ店も問題ないが、ボディ・スクラブ(Body scrub)にかんしては、トロピカルフルーツをカラダに摺りこんでもらえるので、これはタイのみならず、東南アジアならではの贅沢な楽しみである。 

 価格ももちろん日本よりははるかに安く、セットでも1万円から2万円のオーダーで十二分に堪能できるのである。

 こういう楽しみがあるから、タイで仕事するのは困難も多いが、楽しみも多い。仕事がなければなおさら、だ。


(2)に続く








PS 改行を増やし読みやすくした。一部加筆した。あらたに<ブログ内関連記事>を付け加えた。 (2014年1月28日)


<ブログ内関連記事>

「タイのあれこれ」 全26回+番外編 (随時増補中)                   
     

タイのスパ(spa) へご案内-タイのヒーリング・ミュージックを BGM に

タイのあれこれ (16) ワットはアミューズメントパーク

タイのあれこれ (26) タイ好きなら絶対に必携のサブカル写真集 Very Thai (とってもタイ)

タイのあれこれ (20) BITECという展示会場-タイ人の行動パターンと仕事ぶりについて ・・展示会場にマッサージのサービスがあるのはありがたい!






end