「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2012年6月2日土曜日

詩人・佐藤春夫が、おなじく詩人・永井荷風を描いた評伝 『小説 永井荷風伝』(佐藤春夫、岩波文庫、2009 初版 1960)を読む


『小説永井荷風伝』(佐藤春夫、岩波文庫、2009 初版 1960)は、詩人・佐藤春夫が回想しつつ描いた、詩人・永井荷風の生涯を自由に描いた「小説」である。

永井荷風について語る佐藤春夫もまた、本質において「詩人」なのである。

佐藤春夫の小説はもはや読まれることもあまりないだろうが、佐藤春夫の詩作品は今後も愛唱されるであろう

追憶的に語られる「少年の日」や、卑俗な現実を文語体で歌った「秋刀魚の歌」など、リズム感のある詩は、意外と古さを感じさせないものだ。

そのむかし、はじめて熊野を訪れた際に新宮(しんぐう)で、佐藤春夫の東京の旧居が移築されていることを知り、なかに入ったことがある。佐藤という名字は共通だが、わたしとはまったく関係はない。

紀州の新宮といえば、現在では中上健次の名がでてくるだろうが、同じ風土のなかから出てきた佐藤春夫という文学者のこともアタマのなかに置いておきたいものだ。

中上健次が散文作家であれば、やはり佐藤春夫は詩人というべきであろう。

ここで、佐藤春夫の代表作である「少年の日」を引用しておこう。『殉情詩集』(大正10年=1921年)に「犬吠埼旅情のうた」などとともに収録された名編である。


少年の日

1 春
野ゆき山ゆき海辺ゆき
眞ひるの丘べ花を籍き
つぶら瞳の君ゆゑに
うれひは青し空よりも。

2 夏
蔭おほき林をたどり
夢ふかきみ瞳を戀ひ
なやましき眞晝の丘べ
さしぐまる、赤き花にも。

3 秋
君が瞳はつぶらにて
君が心は知りがたし
君をはなれて唯ひとり
月夜の海に石を投ぐ。

4 冬
君は夜な夜な毛絲あむ
銀の編み棒にあむ絲は
かぐろなる絲あかき絲
そのラムプ敷き誰がものぞ。


佐藤春夫が詩人であるというのは、こういうことだ。

では、つぎに永井荷風が詩人であるということはどういうことかを見ておこう。

彼自身は詩作を行っていないが、『珊瑚集(仏蘭西近代抒情詩選)』(大正2年=1913年)という、フランス詩の訳詩集がある。この訳詩集の岩波文庫版(1938年)には、佐藤春夫が解説を書いている。岩波文庫の新版(1991年)には、フランス語の原詩も併載された。

英独仏詩人の訳詩集である上田敏の『海潮音』(かいちょうおん)や、同じくフランス詩の訳詩集である堀口大学の『月下の一群』ほど現在は有名ではないが、永井荷風を詩人とする理由がそこにあることを知っておきたい。ただし、佐藤春夫の「小説」には、『珊瑚集』への言及はなぜかない。

永井荷風による、ヴェルレーヌの訳詩を一編だけ引用しておこう。

ぴあの

しなやかなる手にふるゝピアノ
おぼろに染まる薄(うす)薔薇色の夕(ゆうべ)に輝く。
かすかなる翼のひゞき力なくして快き
すたれし歌の一節は
たゆたひつゝも恐る恐る
美しき人の移香(うつりか)こめし化粧の間にさまよふ。

あゝゆるやかに我身をゆする眠りの歌、
このやさしき唄の節、何をか我に思へとや。
一節毎に繰返す聞えぬ程の REFRAIN(ルフラン) は
何をかわれに求むるよ。
聴かんとすれば聴く間もなくその歌声は小庭のかたに消えて行く、
細目にあけし窓のすきより。



永井荷風は、佐藤春夫が強調しているように、いいとこの坊っちゃんの生まれであったが、下降願望のつよい人であった。長男であるがゆえに、かえって上流階級の俗物性と窮屈さがいやで仕方がなかったのだろう。しかも、弟は農学者として成功した人でキリスト教徒でもあった。

わたしはフランス流のモラリストとしての荷風は好きで、高校時代に読み始めてからも、表面の描写と作家の本質が異なるように思われたのだが、その理由は佐藤春夫が的確に指摘するとおりなのだろう。荷風は、儒者の家系に生まれた人なのである。

永井荷風の評伝はいくつもあって、わたしも磯田光一のものや紀田順一郎のものを読んだことがある。だが、なんといっても本書の佐藤春夫のように学生時代に直接に私淑し、その謦咳に接しただけでなく、同じ文学者として微妙な関係でもありながら、終生つかず離れずの関係にあった作家が書いた「小説」は、読む価値のあるものだと思った。

森鴎外、永井荷風、佐藤春夫という近代文学における系譜。これに、佐藤春夫に私淑していた檀一雄を加えれば、わたしの趣味は一貫しているのだなあと感じさせられる。

永井荷風の作品世界のいくばくかでも知っているならば、より興味深く読むことのできる作品であるといってよいであろう。









<ブログ内関連記事>

市川文学散歩 ①-葛飾八幡宮と千本いちょう、そして晩年の永井荷風

永井荷風の 『断腸亭日乗』 で関東大震災についての記述を読む

枯葉 Les feuilles mortes・・ヴェルレーヌの「秋の歌」を上田敏の名訳で

『選択の人 法然上人』(横山まさみち=漫画、阿川文正=監修、浄土宗出版、1998)を読んでみた
・・法然好きの佐藤春夫の『徒然草』の現代語訳から法然が念仏について語る一節

味噌を肴に酒を飲む・・『徒然草』第二百十五段。佐藤春夫の現代語訳をつけておいた

(2014年1月10日 情報追加)





(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!





end