「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2012年8月8日水曜日

朱色になる前の「ほおずき」はピーマンみたいだ!?-身の回りの「観察」から「直観 ⇒ 仮説 ⇒ 検証」のサイクルを回す生活習慣を身につけよう!



「ほおずき」というと、「ほおすき市」ですが、朱色になる前の「ほおずき」は、なんだかピーマンみたいだ。

そういう「直観」を感じてすぐに調べてみると、かならずしも間違ってないことに気づく。ネットですぐに調べることのできる wikipedia を検索してみると、以下の事実がすぐにわかります。

●ほおずき(ホオズキ)は、ナス科ホオズキ属の多年草
●ピーマンは、ナス科の一年草。トウガラシと同じ仲間

つまり、ほおずきもピーマンも、同じナス科の植物というわけです。

ピーマンも色つきのものがありますし、そうなると朱色のほおずきもピーマンに似ているのは当然というわけですね。わたしは食べたことはありませんが、「食用ほおずき」もあるそうです。甘酸っぱい味がするそうです。

ふとアタマに抱いた疑問を直観的に「仮説」として、すぐに調べて「検証」してみる。自分で調べたことはアタマになかに定着して忘れにくいものです。

まずはカタチが似ているという共通点に着目することも大事ですね。

こういうマインドセット(=心構え)が、「アタマの引き出し」を増やすコツなのです。

みなさんも、「直観 ⇒ 仮説 ⇒ 検証」のサイクルを回す生活習慣を意識的に行うようにしてみましょう。無意識にやっていることを意識的に行うだけで、確実に「アタマの引き出し」が増えていくことを実感できるはずですから。

詳しくは、『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(佐藤けんいち、こう書房、2012)に書きました。 ⇒ http://www.kou-shobo.co.jp/book/b102659.html 

ご参考まで。




<ブログ内関連記事>


Study nature, not books !

猛暑の夏の自然観察 (1) セミの生態 (2010年8月の記録)

猛暑の夏の自然観察 (2) ノラネコの生態 (2010年8月の記録)

猛暑の夏の自然観察 (3) 身近な生物を観察する動物行動学-ユクスキュルの「環世界」(Umwelt)

「人間の本質は学びにある」-モンテッソーリ教育について考えてみる




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end