「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2012年12月15日土曜日

『タイ食材図鑑』(アライドコーポレーション、2012)-タイ料理をつくって食べる人は必携の図鑑。もちろん、食べるだけの人も見て読んで楽しい図鑑



タイ好き & タイ料理好きな方へお知らせです。

『タイ食材図鑑』(アライドコーポレーション、2012)という本が出版されています。

タイ料理といえばトムヤンクンやパッタイなどが日本人のあいだでもよく知られていますが、もちろんそれだけではありません。

この図鑑は132ページがすべてカラーで、タイ料理でつかわれる食材が、調味料、米・麺・加工品、ハーブ・スパイス、野菜・きのこ・豆、フルーツ、魚介類に整理されて、写真入りで解説されています。



実用性の高い辞典であり、写真を見て解説を読んで楽しむ辞典でもありますね。「タイの台所」の商標でタイ料理の食材を取り扱っているアライドコーポレーションの発行です。

ただし、この本はISBNコードがないので、残念ながら一般書店でもネット書店でも取り扱いがありません。タイ国内で編集され、印刷製本されたものです。

お求めは、発行元のアライドコーポレーションの楽天ショップからできますよ。 http://item.rakuten.co.jp/tainodaidokoro/book-004/



いまなら、タイの調味料を2点をおまけとしてくれるプロモーション中(・・2013年1月30日まで)。わたしは、定番のナンプラー(魚醤)とシーズニングソースをリクエスト(・・冒頭の写真を参照)。この2点はタイ料理には絶対に必要なものです。

ちなみにナンプラーとは、ナーム(=水)とプラー(=魚)の合成語小魚を発酵させてつくる醤油のことですね。日本でいえば秋田の「しょっつる」が代表的な魚醤ですね。

また、ナンプラーがあれば、基本的に製法はベトナムのヌクマムと同じですのでベトナム料理その他にも代用可能です。

タイ料理は食べるだけという人も、どういう食材をつかっているのか知ると、「アタマの引き出し」が増えますよ。タイ料理をつくって食べる人は、もちろん必携でしょう。

タイでの販売価格は750バーツですので、日本国内で購入したほうがお得です。





<ブログ内関連記事>

タイのあれこれ  総目次 (1)~(26)+番外編

タイのあれこれ (2)-オースアン(タイ料理のひとつ)

タイのあれこれ (12) カオ・マン・ガイ(タイ料理) vs. 海南鶏飯(シンガポール料理)・・・

イサーン料理について-タイのあれこれ(番外編)

バンコクで「かぼちゃプリン」を食べる

カンボジアのかぼちゃ





(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end