「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年3月29日日曜日

『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』(三菱一号館美術館)に行ってきた(2015年3月23日)-フランス印象派の名作を一挙に公開。そしてルドンの傑作も!

(ルノワールの作品 ミュージアムショップで購入したマグネット)

先週のことだが、『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』(三菱一号館美術館)に行ってきた(2015年3月23日)。5月24日まで東京・丸の内で開催されている。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー(National Gallery of Art)とは、アメリカ合衆国の首都ワシントンにある国立美術館である。だが、所蔵品の大半は民間からの寄贈によるものだという。残念ながらこの美術館はいったことがなかったので、所蔵品をみるのは今回が初めてだ。

日本人好みの印象派だが、アメリカ人でも好きな人はいるということだ。今回の出品の大半は、美術館の創設者でメロン財閥の総帥アンドリュー・メロンの長女エイルサの個人趣味で収集された作品の数々。
  
美術展のポスターにも使用されているルノワールの「猫を抱いた女性」が端的にそうだが、"Intimate Impressionism" (親密な印象派) そのものである。「私の印象派」というのは、コレクターであったエイルサ・メロンにとってのものであり、美術展の個々の鑑賞者にとってもそうだろう。

ルノワール、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ボナール・・・。フランス印象派を代表する画家はすべて網羅されている。しかも日本初公開の作品も多々ある。

わたしも日本人なので、日本美術の大きな影響を受けたフランス印象派は基本的には好きだが、あえて美術館にまで足を運ぶ気にはなかなかならない。印象派は日本ではあまりにもポピュラーになってしまっているからだ。今回は、地方から上京した美術好きの友人を案内しての鑑賞であった。
  
といいうわけではないが、今回の展示でもっとも素晴らしいと思ったのは、ワシントン・ナショナル・ギャラリーの所蔵品ではなく、三菱一号館所蔵のルドンの一枚。「グラン・ブーケ」(大きな花束)

(ルドンの「グラン・ブーケ」)

世紀末美術の代表的画家であるオディロン・ルドン、とくに後期ルドンの傑作の一つといっていいだろう。わたしは後期ルドンの大ファンなのだ。今回の展示では照明も工夫されており必見だ。

こんな機会だからこそ、所蔵品のなかでも指折りの名作として展示したのであろう。印象派なんていまさらと思う人も、このルドンの傑作をみるためにだけでも、この美術展に足を運ぶ価値はあると思った次第。






<関連サイト>

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展』(三菱一号館美術館)
・・2015年5月24日まで


<ブログ内関連記事>

「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860~1900」(三菱一号館美術館)に行ってきた(2014年4月15日)-まさに内容と器が合致した希有な美術展

「カンディンスキーと青騎士」展(三菱一号館美術館) にいってきた(2010年12月) ・・三菱一号館美術館については、この記事を参照いただきたく。「フランス印象派」と対(つい)になるのが「ドイツ表現派」

「東洋文庫ミュージアム」(東京・本駒込)にいってきた-本好きにはたまらない! ・・これもまた三菱財閥のもの

書評 『岩崎彌太郎- 「会社」の創造-』(伊井直行、 講談社現代新書、2010)-"近代人"岩崎彌太郎がひそかに人知れず「会社」において実行した"精神革命" ・・三菱財閥の生みの親

満80歳を迎える強運の持ち主 「氷川丸」 (横浜・山下公園)にあやかりたい! ・・日本郵船の客船であった氷川丸は1930年に建造





(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end