「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2015年5月9日土曜日

書評 『中国人が選んだワースト中国人番付-やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ-』(遠藤誉、小学館新書、2014)-中国国民の腐敗への怒りが臨界点を超えたとき中国は崩壊する


『中国人が選んだワースト中国人番付-やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ-』(遠藤誉、小学館新書、2014)というタイトルだけでもインパクトがあるが、「ワースト中国人番付」は中国語の原文では「クズ中国人番付」となっているという。

「クズ中国人番付」とは、2014年元日に中国のネットに掲載されたものである。「悪魔は怯えている。専制は必ず滅亡する!」という文言つきで中国人が選んだものだ。その背景には6億人(!)を超える中国のネットユーザー「網民」(ワンミン)の存在がある。

「クズ中国人番付」につては、「第2章 中国人が選んだ中国人クズ番付」で詳細に紹介しているが、このリストに登場する中国人の腐敗度合いはすさまじい。まさにクズのクズである。

日本のテレビの情報番組でも、中国共産党高官の腐敗についてはたびたび取り上げられて報道されているが、腐敗しているのは政府高官だけではない。中国社会のありとあらゆる側面で、汚職にまみれた腐敗官僚が跋扈(ばっこ)しているのである。国民の怒りがいかにすさまじいか。

中国国民党の腐敗ぶりを徹底的に批判し、清廉をうたい文句に人民の支持を集め、政権を奪取しることに成功した中国共産党が1949年に建国した中華人民共和国の現在の惨状なのである。

中華人民共和国は、1949年の建国以来、中国共産党にによる事実上の一党独裁を守ってきたことをアタマのなかに入れておかねばならない。つまり中華人民共和国イコール中国共産党であり、すべては中国共産党のためにある。

「改革開放」によって解き放たれた欲望は、ときには行き過ぎることがあるにせよ、政治改革をともなったものであれば健全な発展をとげていたことであろう。

だが、中国共産党による一党独裁を維持したまま経済の資本主義化を行った中国は、「社会主義市場経済」という歪んだ制度が生み出した拝金主義によって変質した。一党独裁の専制政治が生んだ貧富の格差は日本人の想像を絶するまでに至ってしまっている。

「絶対権力は絶対に腐敗する」という有名なフレーズがある。ある種の経験則を表現したものだが、中国共産党による一党独裁の絶対権力もまた、腐敗によって崩壊すると考えるのは不思議でも何でもない

中国共産党の崩壊はイコール国家の崩壊となる。周辺諸国の国民は半分期待しつつ、かつ恐れてもりのだが、中国国内でもっとも恐れているのは、じつは中国の最高実力者である習近平その人なのである。だからこそ、「虎も蠅も叩け!」と劇をとばして腐敗撲滅にやっきになっているのだが・・・・。

中国の腐敗官僚たちの実態については、『中国高官が祖国を捨てる日-中国が崩壊する時、世界は震撼する-』(澁谷司、経済界新書、2013)もあわせて読むといいだろう。

もはや中華人民共和国=中国共産党の命運は "days are numbered" 状態である。「残りの日々は数えられている」、つまり遠くない将来、「中国崩壊」は避けて通れないということだ。

それがいつの時点で発生するかは現時点ではわからないが、中国の国民の怒りが臨界点を超えたとき、その日が訪れることになる。かつて中国国民党が大陸の覇権をめぐって中国共産党に敗れ去ったとおなじように。






目 次

はじめに 
第1章 習近平はなぜ反日デモを抑えたのか
第2章 中国人が選んだ中国人クズ番付
第3章 死刑判決を受けた鉄道大臣-劉志軍
第4章 腐敗の構造と噴き出す矛盾
第5章 毛沢東を利用し、生き残りに必死の習近平
第6章 中国はどこへ向かうのか
おわりに

遠藤誉(えんどう・ほまれ)

1941 年中国吉林省長春市生まれ。1953 年帰国。東京福祉大学国際交流センター長。筑波大学名誉教授。理学博士。中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授などを歴任。著書に『チャイナ・セブン 〈紅い皇帝〉習近平』『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』『チャイナ・ジャッジ 毛沢東になれなかった男』『卡子(チャーズ) 中国建国の残火』(以上、朝日新聞出版)、『完全解読 「中国外交戦略」の狙い』(WAC)、『ネット大国中国-言論をめぐる攻防-』(岩波新書)、『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』(日経BP 社)など多数。





<関連サイト>

中国問題研究家 遠藤誉が斬る (連載 2013年10月2日から現在) 


<ブログ内関連記事>

書評 『語られざる中国の結末』(宮家邦彦、PHP新書、2013)-実務家出身の論客が考え抜いた悲観論でも希望的観測でもない複眼的な「ものの見方」
・・「中国崩壊」をシミュレーションする

書評 『中国外交の大失敗-来るべき「第二ラウンド」に日本は備えよ-』(中西輝政、PHP新書、2015)-日本が東アジア世界で生き残るためには嫌中でも媚中でもない冷徹なリアリズムが必要だ
・・「近代以降の中国にとっての重要な課題は日本対策。重要なことは、すでに建国から70年を経過した中国は成熟段階に達しており、習近平のあとにつづく指導者も、毛澤東以来の「中国の夢」(チャイナ?ドリーム)の実現を追求するのだ、という著者の指摘である。問題は、特異なパーソナリティの持ち主の習近平だけではない。中国共産党そのものにある、とする」

書評 『習近平-共産中国最弱の帝王-』(矢板明夫、文藝春秋社、2012)-「共産中国最弱の帝王」とは何を意味しているのか?

書評 『騒乱、混乱、波乱! ありえない中国』(小林史憲、集英社新書、2014)-映像と音声が命のテレビ局の記者によるスリリングな取材記録

書評 『中国台頭の終焉』(津上俊哉、日経プレミアムシリーズ、2013)-中国における企業経営のリアリティを熟知しているエコノミストによるきわめてまっとうな論 ・・国内の社会問題を解決できない中国に未来はあるか?

「稲盛哲学」 は 「拝金社会主義中国」を変えることができるか?


遠藤誉氏の著作

書評 『チャイナ・ギャップ-噛み合わない日中の歯車-』(遠藤誉、朝日新聞社出版、2013)-中国近現代史のなかに日中関係、米中関係を位置づけると見えてくるものとは?
・・本書と重なる面はあるが、ぜひ読んで起きたい本

書評 『チャイナ・ジャッジ-毛沢東になれなかった男-』(遠藤 誉、朝日新聞出版社、2012)-集団指導体制の中国共産党指導部の判断基準は何であるか?


書評 『完全解読 「中国外交戦略」の狙い』(遠藤誉、WAC、2013)-中国と中国共産党を熟知しているからこそ書ける中国の外交戦略の原理原則


ユーラシア大陸の「専制国家」

書評 『「東洋的専制主義」論の今日性-還ってきたウィットフォーゲル-』(湯浅赳男、新評論、2007)-奇しくも同じ1957年に梅棹忠夫とほぼ同じ結論に達したウィットフォーゲルの理論が重要だ
・・中国はユーラシア大陸の「中心」に位置する「大陸国家」である

梅棹忠夫の『文明の生態史観』は日本人必読の現代の古典である!
・・ユーラシア大陸と接していない島国の日本は「海洋国家」である

書評 『自由市場の終焉-国家資本主義とどう闘うか-』(イアン・ブレマー、有賀裕子訳、日本経済新聞出版社、2011)-権威主義政治体制維持のため市場を利用する国家資本主義の実態 
・・「国家資本主義」の中国。資本主義と民主主義がイコールだという「近代」の常識を裏切るのが中国という「東洋的専制国家」


「専制国家」の崩壊-「絶対権力は絶対に腐敗する」

『ソビエト帝国の崩壊』の登場から30年、1991年のソ連崩壊から20年目の本日、この場を借りて今年逝去された小室直樹氏の死をあらためて悼む

ジャッキ-・チェン製作・監督の映画 『1911』 を見てきた-中国近現代史における 「辛亥革命」 のもつ意味を考えてみよう
・・なぜ孫文は「革命いまだ成らず」と言い残して死んだのか?

チャウシェスク大統領夫妻の処刑 1989年12月25日

「絶対権力は絶対に腐敗する」-リビアの独裁者カダフィ大佐の末路に思うこと
・・「絶対権力は絶対に腐敗する」(Absolute power corrupts absolutely)は19世紀に生きた英国の政治家ジョン・アクトン卿の名言

(2015年5月15日、17日 情報追加)



(2012年7月3日発売の拙著です)











Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end