「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2019年6月4日火曜日

JBPress連載コラム第53回目は、「古代ローマの人生訓と合気道精神はこんなに似ている-日本人だからこそ理解できるローマ皇帝の『自省録』」(2019年6月4日公開)


JBPress連載コラム第53回目は、古代ローマの人生訓と合気道精神はこんなに似ている- 日本人だからこそ理解できるローマ皇帝の『自省録』」(2019年6月4日公開)
⇒ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56576

私の個人的な関心ではあるが、合気道という20世紀の日本生まれの武道が、意外なことに『自省録』を貫く精神に相通じるものがあることを見ていきたいと思う。

というのも、大学に入学した18歳のとき、ひょんなことから合気道を始めることになった私は、大学学部時代は体育会合気道部に所属して、合気会師範の有川定輝先生の指導を受けて主将を務め、社会人になってからの米国留学中には、大学キャンパスでアメリカ人学生たちに英語で "AIKIDO" を指導した経験をもっているからだ。


(『マルクス・アウレリウス 自省録』と『合気道開祖植芝盛平 語録』 筆者撮影)

合気道開祖の植芝盛平が、マルクス・アウレリウスの『自省録』やストア派哲学のことを知っていたかどうかはわからない。おそらく知らなかったと思うが、生涯をかけた武道探求を通じてたどり着いた思想が、偶然のことながらマルクス・アウレリウスの思想とじつによく似ていることに、私は不思議さを感じるのである。

『超訳自省録』からの引用をもとに、マルクス・アウレリウスの思想と合気道開祖・植芝盛平の思想に類似性があることを見ていきたいと思う。

つづきは本文で

⇒ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56576






<ブログ内関連記事>

合気道・道歌-『合気神髄』より抜粋

フイギュアスケート、バレエ、そして合気道-「軸」を中心した回転運動と呼吸法に着目し、日本人の身体という「制約」を逆手に取る

カラダで覚えるということ-「型」の習得は創造プロセスの第一フェーズである

JBPress連載コラム第52回目は、「現代のストレス社会に古代ローマの人生訓が効く理由-激動の21世紀にこそ読んでほしい『自省録』」(2019年5月21日公開)

JBPress連載コラム第50回目は、「世界のリーダーたちが座右の書としてきた『自省録』(前編・後編)(2019年4月23・24日公開)


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end