「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2014年2月9日日曜日

書評 『トラオ-徳田虎雄 不随の病院王-』 (青木 理、小学館文庫、2013)-毀誉褒貶相半ばする「清濁併せのむ "怪物"」 を描いたノンフィクション


徳田虎雄は昭和時代が生んだ「清濁併せのむ怪物」である。一言で要約すればこうなるだろう。

「病院王」で「政治家」。精力的に活動していた全盛期の徳田虎雄氏をテレビ映像つうじて頻繁に目にしていた記憶をもっている人なら、きわめて強い印象をもっているに違いにない。

だからこそ、カラダは動かせないがギョロ目を動かす「寡黙な巨人」としての徳田虎雄氏を見て驚いた。一連の事件で病院チェーンの徳洲会がマスコミにクローズアップされたことによって、ひさびさに徳田氏が健在であることを知ったときのことである。

まさか筋萎縮側索硬化症(ALS)になって闘病生活を送っているとは考えもしなかった。それほど、かつての徳田氏をマスコミをつうじてであれ知っていた人にとっては、現在の徳田氏との落差があまりにも激しいのだ。

筋萎縮側索硬化症(ALS)は、遺伝性はないが10万人に1人発症するという現代の難病である。本人もまさか自分がALSになるとは思いもしなかったはずだ。自分がつくった病院チェーンがあるからこそ、文字通り24時間介護が可能となっているのだが・・・。

クチはきけず、カラダは動かなくなってもアタマのなかはフル回転しているらしい。目で文字板を追いながら意志疎通をする意志の強さ。逆境を乗り越えるなんて生易しいものではない。すごすぎる。

(単行本カバー 2011年刊)

強烈な個性、天真爛漫、非常識、破天荒、激情、情念、バイタリティ、沸騰する血、思い、夢、執念、あきらめない、努力、思いこんだら、猪突猛進、ひたすら前進、うしろを振り返らない、有言実行、モーレツ、一心不乱、反骨、反権力、過剰、けた外れのパワー・・・。

徳田虎雄氏を形容する表現が本書のなかに散りばめられている。それほど精力的な人物だったのである。

そもそも「宿敵」であった日本医師会の武見太郎氏じたい「怪物」だったのだ。この人たちの下で働くのはしんどいだろうが、はたから見ている限りではじつに強烈な個性の持ち主であったといえよう。昭和はまた「怪物」たちの時代でもあった。

「生命だけは平等だ」という理念、「365日年中無休24時間オープン」、「患者さまからの贈り物は一切受け取らない」、「困った人には健康保険の3割負担も免除する」というモットー。

こういった理念やモットーは美辞麗句ではないというのがまたすごいところだ。まさに有言実行、じっさいに僻地や離島でも充実した医療を提供することをで実践してきたのだと著者は書いている。

だが、壮大な理想は、理想実現の手段は選ばず、猪突猛進することで実現された。だからいったん大きな壁にぶつかり、その壁を回り道をせずさらに猪突猛進しようとするとどうなるか? 徳田氏が見つけた「武器」は政治であった。

闘牛とサトウキビの徳之島。闘牛も選挙もギャンブルか。南国らしい愉快であけすけな風土。被支配の歴史と貧困がはぐくんだ反骨精神は、なんだかシチリアやカリブ世界にも似ているような気がする。

悪人性と善人性が矛盾なく同居している人。右も左も関係なく清濁併せ呑む姿勢、しかも根がリベラルで反権力。功罪相半ばする存在であった。

政治家時代に関係のあった栗本慎一郎氏による「社会からの評価に関心がない人」という回想には大いにうなづかされる。主観的な意識と他者の判断のズレ、つまりパーセプションギャップが存在したにもかかわらず、まったく意に介していなかったということか。

病院チェーンの経営において、創価学会と同様、選挙がもっていた意味を熟知していたという著者の指摘が興味深い。日頃、患者からアタマを下げられる存在の医師や看護師が逆にアタマを下げるという貴重な経験。外部の人間にはよくわからないが、著者が書くように、徳洲会はまさに徳田虎雄氏という教祖を頂点にもつ宗教団体のような組織なのかもしれない。

寅年生まれだから虎雄と名づけられたと徳田氏。1938年生まれだから、おなじく寅年生まれのわたしより干支はふたまわり上になる。

その徳田氏はファミリーのチカラを結集して成功し、しかし血族しか頼れないがゆえに、事業には精通していないファミリーの存在が結局は命取りになる。

「(「週刊ポスト」での)連載の最中、徳田から抗議や不満めいた反応は全く寄せられなかった」と著者は述懐している。ささいなことですぐマスコミを訴えては恫喝する、どこぞの国の首相を筆頭にした、じつは小心者で打たれ弱い政治家諸氏には、徳田虎雄氏の爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいものである。

昭和は遠くなりにけり、か。読んで損のない充実したノンフィクション作品である。





<ブログ内関連記事>

書評 『対話の哲学-ドイツ・ユダヤ思想の隠れた系譜-』(村岡晋一、講談社選書メチエ、2008)-生きることの意味を明らかにする、常識に基づく「対話の哲学」
・・人生の絶頂期に、筋萎縮側索硬化症(ALS)という不治の病に突然冒され、10年以上にわたって闘病生活を続けるという不幸に見舞われたユダヤ系ドイツ人哲学者

書評 『寡黙なる巨人』(多田富雄、集英社文庫、2010)-脳梗塞に倒れた免疫学者による 「人間の尊厳」回復の記録
・・リハビリの作業療法で、生まれてはじめて習い覚えたパソコンに向かって、左手だけで書いた文章がまとまった文章が一冊に  記憶障害はないがしゃべれない状態

美術展 「田中一村 新たなる全貌」(千葉市美術館)にいってきた
・・奄美大島に移住した日本画家

書評 『石原慎太郎-「暴走老人」の遺言-』(西条 泰、KKベストセラーズ、2013)-賛否両論はあるが、きわめて「一橋的」な政治家の軌跡をたどってみることに意味はある
・・徳田虎雄の盟友である石原慎太郎

書評 『黒船の世紀 上下-あの頃、アメリカは仮想敵国だった-』 (猪瀬直樹、中公文庫、2011 単行本初版 1993)-日露戦争を制した日本を待っていたのはバラ色の未来ではなかった・・・
・・猪瀬直樹氏も作家としてはいい仕事したのだが・・・

「沖縄復帰」から40年-『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』(佐野眞一、集英社、2008)を読むべし!
・・沖縄には奄美からの移住者が多いという事実について書いてある。奄美は鹿児島県だが沖縄文化圏のなかにあるというべき

書評 『砂糖の世界史』(川北 稔、岩波ジュニア新書、1996)-紅茶と砂糖が出会ったとき、「近代世界システム」が形成された!
・・奄美の砂糖が薩摩藩の財政を支えたことを付記しておいた

書評 『西郷隆盛と明治維新』(坂野潤治、講談社現代新書、2013)-「革命家」西郷隆盛の「実像」を求めて描いたオマージュ
・・鹿児島が生んだ「千年に一人の巨人」は藩主の逆鱗にふれて奄美に流されていた

"粘菌" 生活-南方熊楠について読む-
・・近代日本が生みだした知的巨人

書評 『異端力のススメ-破天荒でセクシーな凄いこいつら-』(島地勝彦、光文社文庫、2012)-「常識に染まらず、己の道を行く」怪物たちの生き様

「タイガーバーム」創業者の「タイガー・カー」(改造車)
・・英国統治下のビルマの首都ラングーン(現在はミャンマーの首都ヤンゴン)に生まれた、客家系華僑(華人)・胡文(Aw Boon Haw:1882-1954)




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end