「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2014年2月2日日曜日

「微笑み」は素焼き人形(テラコッタ)にあり-タイのあれこれ(番外編)

(バンコク市内で見かけた托鉢姿の素焼き人形 筆者撮影)

合掌ポーズの「ワイ」はクセになる-タイのあれこれ(番外編)で、「微笑みの国」タイの日常あいさつである「ワイ」について取り上げました。

微笑みとセットになった合掌ポーズこそ、「微笑みの国」タイというイメージをつくりあげているといっても言い過ぎではないでしょう。

タイは北部チェンマイを中心に素焼きの人形が普及しています。その多くが子どもをかたどったもので、ほぼすべての人形が「ワイ」をしているものです。

(タイ北部チェンマイにて筆者撮影)

どうやらチェンマイの近郊には素焼きの里があるようです。訪れたことがないのが残念ですが。

素焼きは英語でテラコッタ(terracotta)といいます。もともとはイタリア語で乾いた土(terra)という意味です。

冒頭に掲載した托鉢姿のお坊さんの素焼き人形(テラコッタ)。これぞまことの「寺コッタ」。なんちゃって(笑)

(バンコク市内でみかけた素焼き人形 さすが水の民タイ人

「微笑み」を失いつつある「微笑みの国」タイですが、この素焼きの人形たちのように「微笑み」を取り戻してほしいものです。

「微笑み」が素焼き人形にしかないというのでは、あまりにも残念なことではありませんか!





<ブログ内関連記事>

合掌ポーズの「ワイ」はクセになる-タイのあれこれ(番外編)

かつてバンコクは「東洋のベニス」と呼ばれていた・・

タイのあれこれ (4)-カオパンサー(雨安吾入り)
・・タイ仏教関連

タイのあれこれ (16) ワットはアミューズメントパーク
・・タイ仏教関連

タイのあれこれ (26) タイ好きなら絶対に必携のサブカル写真集 Very Thai (とってもタイ)


「タイのあれこれ」 全26回+番外編 (随時増補中)




(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end