「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2016年6月4日土曜日

ボクシングヘビー級の世界チャンピオンであったモハメド・アリ死す(2016年6月4日)-カシアス・クレイはマルコムXとの出会いによってイスラームに改宗しモハメド・アリとなった

(マイコレクションのなかから「マルコムX発言集CD」)

本日(2016年6月4日)のニュースでボクシングヘビー級の世界チャンピオンであったモハメド・アリが死去したことを知った。享年74。まずはご冥福を祈ります。合掌。

モハメド・アリといえば、もちろん私の世代では異種格闘技の走りであった「猪木アリ戦」である。中学生の頃だった。何年何月かは記憶にないが、試合があったのは土曜日で、クラスの男子多数が学校に残ってリアルタイムでテレビ観戦したことは鮮明に覚えている。

 「なんで猪木は立ち上がって勝負しないのだ?」という疑問は日本全国でもたれたわけだが、その後だいぶたってから「猪木のあのローキックがアリに計り知れないダメージを与えたのだ!」ということを知り、「なるほど!」と感じたものである。

アリの晩年はパーキンソン病との闘病であったが、病気の原因のひとつとされていたものの、その真偽については定かではない。都市伝説のたぐいであろう。

(モハメド・アリ wikipediaより)

モハメド・アリについて、もっと重要なことは「改名」についてだ。

NHKのニュースでは、カシアス・クレイがモハメド・アリに改名したことまでは触れていたが、なぜ改名したのかについてまったく触れていなかった。これについて語らなければ、意味をなさないというのに・・・。

改名のカギは、アメリカで「ブラック・ムスリム運動」を指導したマルコム・エックス(Malcolm X)にある。黒人解放運動としてイスラーム教への改宗を指導した過激な運動家だ。黒人運動家としては、非暴力主義を貫いたのキリスト教徒のキング牧師とは立場を異にしていたが、マルコムXも40歳で暗殺されている。1965年のことだ。

ヘビー級ボクシングの世界チャンピオンであったカシアス・クレイは1964年にマルコムXと出会っておおいに共鳴、ネーション・オブ・イスラムへの加入を機にイスラームに改宗し、同時に出生名を捨ててモハメド・アリに改名しただけでなく、ベトナム戦争の徴兵も拒否したのだ。

ニュースでも、このことについて触れれば、アメリカの黒人解放運動や公民権運動や、アメリカのイスラームについて知るキッカケになるのだが、じつに惜しいことだ。 モハメド・アリの人生にとって肝心要の人物というだけでなく、キング牧師だけでなく、マルコムXについて触れなければ、アメリカを理解したことにはならないからだ。マルコムXは、それほど重要な人物なのだ。

黒人初の米国大統領となったオバマ氏は、モハメド・アリをたたえて追悼している。毀誉褒貶(きよほうへん)につきまとわれたジグザグの人生を送ったモハメド・アリだが、アメリカ黒人の歴史に燦然と輝く存在であることには変わらない。







<関連サイト>

Martin Luther King and Malcolm X Debate (YouTube)




<ブログ内関連記事>

キング牧師の "I have a dream"(わたしには夢がある)から50年-ビジョンをコトバで語るということ

巨星落つ!-「超一級の本物のリーダー」であった南アフリカのネルソン・マンデラ氏(1918~2013)を悼む

映画 『インビクタス / 負けざる者たち』(米国、2009)は、真のリーダーシップとは何かを教えてくれる味わい深い人間ドラマだ
・・南アフリカの解放戦士であったネルソン・マンデラを主人公とした映画

マイク・タイソンが語る「離脱体験」-最強で最凶の元ヘビー級世界チャンピオンは「地頭」のいい男である!




(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。



end