「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2018 禁無断転載!



2018年1月6日土曜日

ドラマと原作のあいだ-2018年の年末年始にドラマ 『逃げる恥だが役に立つ』を全部見てから原作を読んでみた


2018年の年末年始に再放送されたTVドラマ『逃げ恥』(=『逃げる恥だが役に立つ』)は、昨年2017年の今頃は超多忙でドラマ見てるヒマがなかったので、今回初めて11話全部つづけて見たのだが、あまりにも面白かったし、なぜ大ヒットしたのかもよくわかった

そのあと気になって、海野つなみ による原作マンガも読んでみた。amazon だと kindle むけの第1巻が「無料」で読める(・・ただし、2018年1月6日の状況)。

意外というか、案の定というか、やはりドラマと原作とでは違いがある。

主人公みくりの脳内妄想シーンや、登場人物たちの脳内モノローグはどちらも同じだ。女性マンガ家による、基本的には女性のためのマンガで、しかも連載の媒体が女性向けにコミック誌だから当然というべきかな。

ドラマと同様にマンガのほうも、主人公たちの年齢に近い20歳代でも30歳代でも、脇役の年齢層に近い40歳代や50歳代でも、男女に関係なく感情移入しやすいように出来ている。主人公の親たちの世代の60歳代も同様だろう。

(電子書籍版 第1巻の最初のページをキャプチャ)

ドラマ版は、生身の俳優が演じているわけだから、原作を読んだ個々の読者が膨らましたイメージとのズレが発生するのは当然のことだ。ゆりちゃん役の石田ゆり子(・・奇しくも役柄と本名が同じ)の演技は、あまりにも実感がこもっているので、演技を超えているような気がしたのはわたしだけではないだろう。

だが、ここで言いたいのはそういうことではない。

TVドラマ版は、放送コードの関係もあるのだろうが、表現がマイルドで、オブラートに包んだようなものになっていることだ。公共の電波をつうじて不特定多数の人が視聴するドラマ版というものは、そういうものだから、ある意味では仕方がない。その点は、TVドラマは映画よりも表現にかんしては厳しいはず。

(高齢童貞や高齢処女といった表現はドラマでは使用されてない)

それはそれでいいのだが、マンガのほうがけっこうストレートな表現つかっているので、「いまという時代」の現実とか、主人公たちが抱えている問題について考えるには、原作のマンガのほうがいいような気がした。逆に原作マンガのほうが、生身の人間を感じたりするシーンも多々ある。

気になる人は、kindle版でまずは第1巻読んでみるといいと思う。2巻以降は、amazon の「なか見、検索」や、出版元の講談社のサイトで、それぞれの巻ごとに1話がまるごと「試し読み」できるのでご参考まで。







<関連サイト>

『逃げ恥』年越し2日間で全話再放送が決定 年末年始はガッキー&星野源「恋ダンス」三昧に 



<ブログ内関連記事>

医療ドラマ 『チーム・バチスタ 3-アリアドネの糸-』 のテーマは Ai (=画像診断による死因究明)。「医学情報」の意味について異分野の人間が学んだこと

アルバイトをちょっと長めの「インターンシップ期間」と捉えてみよう
・・連続テレビドラマ『フリーター、家を買う。』(2010年放送)にヒントを得て

『ドクターX 外科医・大門未知子』(テレ朝系列)が面白い-TVドラマからみえてくる大学病院という「日本型組織」の病理現象




(2017年5月18日発売の拙著です)



(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end