「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2020 禁無断転載!



2018年8月20日月曜日

書評 『シベリア最深紀行-知られざる大地の七つの紀行-』(中村逸郎、岩波書店、2016)-シベリアは想像を絶する多様性に富んだ奥行きの深い世界


『シベリア最深紀行-知られざる大地の七つの紀行-』(中村逸郎、岩波書店、2016)という本を読んだ。 

シベリアが、これほど多様性に富んだ、奥行きの深い、懐の大きな世界であるとは。想像を絶するとしかいいようがない、というのが感想だ。 

著者の中村氏は筑波大学の人文科学系院教授。ロシア関連のコメンテーターとして情報番組によく出演している、ちょっとエクセントリックな印象のある人。ロシア人のナマの声を拾い上げる「現場主義」の研究スタイルの政治学者だ。その中村氏が、シベリア各地を回ってディープな世界をレポートしてくれる。 

いかに知られざるディープな世界を巡っているかは、目次を見れば一目瞭然だろう。 


序章 「神のやどる地」の伝説 
第1章  「神の村」へ-アバラーク村の奇跡 
第2章 イスラム教徒の村を訪ねて-シベリア・タタール人とイスラム過激派  
第3章  極北の遊牧民を訪ねて-ネネツ人を呑みこむ大国ロシア  
第4章 辺境の村を訪ねて-トゥヴァー人の幸福  
第5章 閉ざされた山岳地帯の村を訪ねて-ロシア人旧教徒の伝統生活  
第6章 密林地帯の流浪民を訪ねて-ゴレーンドル人の充足  
終章 「第二のエルサレム」へ-コスモポリタニズムと多様性のシベリア 

シベリアは、ウラル山脈をの東側の地域で、北アジアに分類される地域である。中国との国境に近いチタあたりが、「狭義のシベリア」と「極東」(=ダーリニー・ヴォストーク)の境界になる。河川に注目すれば南北(・・ここでは、まさに南の水源から北極海に川は流れる)に幅広く、南の高山帯から極北の北極まで拡がっている。

私は、ウラジオストクやハバロフスク、コムソモリスク・ナ・アムーレに行ったことがあるが、そこは極東であってシベリアではない。この本で扱われているのは「狭義のシベリア」だ。 

しかも、本書の舞台となっている「狭義のシベリア」で私が訪問したのはイルクーツクとバイカル湖くらい、あとはシベリア鉄道で通過しただけなので、シベリアがこれほど多様性のある世界だとはまったく知らなかった。困難を苦にせず奥地へ奥地へと分け入っていく著者の行動力には、まったくもって脱帽である。 

電気もなく、電話もつながらないような道なき奥地に、あえて暮らしているドイツ系移民の末裔がいる。ソ連時代も含めて、何百年ものあいだ外界との接触を断って奥地で生きている「古儀式派」の正教徒もいる。テュルク系が暮らすトゥヴァのようにチベット仏教とシャマニズムが支配的でロシア語がほとんど通じない世界もある。モスクワやサンクトペテルブルクのようなヨーロッパの大都市だけがロシアなのではない。ロシア政府も、正確に把握できていないようだ。 

アメリカにも、ドイツやスイスから移民したアーミッシュのように近代文明を拒否して生きる人たちが暮らしているが、ロシア国内にとどまりながら、そんな生き方をしている人たちがシベリアには少なくないのである。ほんと驚きの世界である。 

日本では、ロシアやシベリアには、あまりいいイメージをもっていない人が少なくないと思うが、興味のある人は読んでみるといいと思う。読めばシベリアにかんするイメージが変わるのではないだろうか。いや、ますますロシアがわからなくなるかもしれないが・・・。






著者プロフィール 
中村逸郎(なかむら・いつろう) 
1956年生れ。学習院大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。1983~1985年モスクワ大学留学。1988~1990年ソ連科学アカデミー留学。島根県立大学助教授を経て、筑波大学人文社会系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)






<ブログ内関連記事>

書評 『ろくでなしのロシア-プーチンとロシア正教-』(中村逸郎、講談社、2013)-「聖なるロシア」と「ろくでなしのロシア」は表裏一体の存在である

飛んでウラジオストク!-成田とウラジオストクの直行便が2014年7月31日に開設

書評 『「シベリアに独立を!」-諸民族の祖国(パトリ)をとりもどす-』(田中克彦、岩波現代全書、2013)-ナショナリズムとパトリオティズムの違いに敏感になることが重要だ

書評 『モンゴル帝国と長いその後(興亡の世界史09)』(杉山正明、講談社、2008)-海洋文明国家・日本の独自性が「間接的に」あきらかに
・・シベリアは、その大半がかつての遊牧民の生活世界であった

「岡本太郎のシャーマニズム」展にいってきた(2013年6月15日)-エリアーデの『シャーマニズム』が岡本太郎に与えた影響の大きさを知る企画展

資本主義のオルタナティブ (1)-集団生活を前提にしたアーミッシュの「シンプルライフ」について

資本主義のオルタナティブ (3) -『完全なる証明-100万ドルを拒否した天才数学者-』(マーシャ・ガッセン、青木 薫訳、文藝春秋、2009) の主人公であるユダヤ系ロシア人数学者ペレリマン




(2012年5月18日発売の拙著です)




(2012年7月3日発売の拙著です)











Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end