「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2019 禁無断転載!



2019年7月16日火曜日

JBPressの連載コラム第56回は「ヘレン・ケラーが涙した全盲の学者、塙保己一の偉業-完成から200年、生涯を懸けた「群書類従」プロジェクト」(2019年7月16日公開)



JBPress連載コラム第56回目は、ヘレン・ケラーが涙した全盲の学者、塙保己一の偉業-完成から200年、生涯を懸けた「群書類従」プロジェクト(2019年7月16日公開)

⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56995

今回は、いまから200年前に日本で達成された "知られざる偉業" について、あえて取り上げたいと思う。


それは「群書類従」(ぐんしょるいじゅう)の完成である。知る人はあまり多くないかもしれないが、「群書類従」と、そのプロジェクトを生涯かけて推進した人物については、この機会にぜひ知ってほしいと思う。

「群書類従」とは、古代から江戸時代初期までに成立した国文学と国書に関する書籍を集成し、書籍として刊行した一大ライブラリーである。



(塙保己一史料館に保管されている「群書類従」の版木 筆者撮影)

1273種類、全666巻(+目録が1巻)からなる。1778年に編纂作業が始まり、200年前の1819年(文政2年)に完成した。なんと41年かかって完成した民間主導の半官半民プロジェクトであった。


現代風にいえば、日本における「パブリックドメイン」化の最初の事業ということになろう。その意義は計り知れない。


プロジェクトの中心にいたのは、塙保己一(はなわ・ほきいち)だ。7才で全盲になった天才学者。



(ヘレン・ケラーがなでまわして涙した塙保己一のミニ銅像 筆者撮影)

ぜ全盲の学者が、それほど大きなプロジェクトを構想し、企画を実行することができたのか?


つづきは本文で  ⇒  https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56995








<ブログ内関連記事>


「塙保己一史料館・温故学会」(東京・渋谷)を初めて訪問してきた(2019年7月3日)-ことし2019年は「群書類従」(全666巻)の刊行が完成してから200年!

書評 『まだ夜は明けぬか』(梅棹忠夫、講談社文庫、1994)-「困難は克服するためにある」と説いた科学者の体験と観察の記録


自分のアタマで考え抜いて、自分のコトバで語るということ-『エリック・ホッファー自伝-構想された真実-』(中本義彦訳、作品社、2002) 

・・「7歳で完全失明、15歳で突然視力を回復、自殺未遂、人生40年と見定めての10年間の放浪生活と思索の日々」を送った "沖仲仕の哲学者" ホッファー

コロンビア大学ビジネススクールの心理学者シーナ・アイエンガー教授の「白熱教室」(NHK・Eテレ)が始まりました 

・・高校時代に病気によって視力を失った心理学者による授業。この授業を TV で見る限り、授業内容がこまかい事実や数字まで含めてすべて教授のアタマのなかに入っており驚かされる

書評 『まっくらな中での対話』(茂木健一郎 with ダイアログ・イン・ザ・ダーク、講談社文庫、2011)

・・人為的に視覚が効かない世界で、聴覚と触覚をフルに使用する世界を体験

書評 『山本覚馬伝』(青山霞村、住谷悦治=校閲、田村敬男=編集、宮帯出版社、2013)-この人がいなければ維新後の「京都復興」はなかったであろう 

・・成人になってから全盲になった人の長い後半生

JBPress連載コラム第44回目は、「耳で学ぶ!格調高い英語が身につくとっておきの教材-語学学習と教養のオールインワン型学習のススメ」(2019年1月29日)
・・記憶と聴覚の重要性

「新・北斎展」(六本木ヒルズ・森アーツギャラリー)に行ってきた(2019年1月26日)-「画狂老人卍」を名乗っていた最晩年88歳の肉筆浮世絵が必見!

・・浮世絵「版画」の刷りの工程について


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!







end