「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2014年9月2日火曜日

書評 『人間にとって科学とはなにか』(湯川秀樹・梅棹忠夫、中公クラシック、2012 初版 1967)-「問い」そのものに意味がある骨太の科学論


『人間にとって科学とはなにか』(湯川秀樹・梅棹忠夫)は、もともと中公新書から1967年に出版された対談である。いまからすでに47年前、ほぼ半世紀前ということになる。

「人間にとって科学とはなにか」という「問い」は、当時はありそうでなかったものだったらしい。そういう感想を文系の学者からもらったと梅棹忠夫は「あとがき」で書いている。こういう問いの立て方は、いまでも新鮮さは失っていないのではないのかもしれない。

「人間にとって科学とはなにか」という問いは、二段構えになっている。まずは「科学とはなにか」という問いである。これは、いわゆる「科学論」だ。

そして「科学とはなにか」という問いは、「人間にとって」という限定がつけられる。その結果、「人間にとって科学とはなにか」という問いは、「科学」とはそもそも「科学者」という人間によって行われてきた営みであるが、人間である科学者たちにとって、それから科学者ではない一般人にとって、意味合いが異なるのではないかということが示唆されている。

1907年生まれの湯川秀樹は日本人としてはじめてノーベル物理学賞を受賞した人であり、しかも人文系の教養を持ち合わせている人である。1920年生まれの梅棹忠夫は動物学出身で生態学者であったが最終的に人文科学の分野にいった人である。ともに文系的な素養をもった理系的発想の人たちである。しかも、ともに京都人で京大理学部卒である。

本書は、この二人の知的巨人による「人間にとって科学とはなにか」という「問い」をめぐる骨太の対談である。


科学者という存在と科学者以外の一般人

この二人の対談で重要なことは、科学者の視点で「科学とはなにか」を論じていることだ。

科学者は、ある種の知的衝動ともいうべきものによって突き動かされ開かれた世界で、つねに未知のものを探求するがゆえに、安心立命の境地とはほど遠い存在である。いわばあらたな科学的発見によって否定されるという、「自己解体」の可能性につねにさらされているのが科学者である。

不安定な状態がつづくことに耐えることのできる強靱な精神力、研究テーマに対する執着心とそれ以外のことには関心がないという変人性。人格円満とはほど遠い。

科学者の探求は、「未来」という未知の世界、「過去」という未知の世界に向かう。未来も過去も、ともに未知の世界であるのは、人間は一般に、「いま、ここ」という「現在」に生きている存在であり、未来も過去も、ともに「認識」の対象でしかないからだ。

これに対して、科学者ではない一般人は、未知よりも既知の世界、不安定よりも安定を志向する傾向が強い。対比的にいえば、科学よりも宗教の立場になびきやすいということだろうか。

この対談のなかでは、「科学」と「宗教」の共通性と違いがなんども指摘されているが、宗教を狭い意味の宗教ではなく、「~すべき」という当為(Sollen)の体系ととらえれば、一般人の日常な生活はほぼこの枠組みにしたがってなされているといっていいかもしれない。


(科学的認識は「未来」と「過去」に向かう 中公新書版より)

つまり、科学者と科学者以外の一般人は、それぞれが自分なりに「納得」したいというマインドセットを共有しているにもかかわらず、精神構造が大きく異なるということだ。そもそも科学と科学者という存在が確立したのが19世紀であるから、科学者はある時期までかなり特殊な人間類型であったのである。

ところが、この対談でも話題としてでてくるが、科学者が特殊な存在ではなくなり、「職業人」として一般化したことの意味について考える必要もある。研究所という組織に属する「組織人」としてのロジックに従わざるをえない状況についてである。2014年前半の理研をめぐる騒動における責任者の自死もまた、その一つの悲劇的結論といってよいだろう。科学者と組織人という、相異なるロジックの狭間で苦悩したのであろう。

科学の大衆化によって科学的知識が一般化するにともなう変化についても語られている。たしかに、科学的認識と科学的世界観の普及がなければ、未来と過去という時間意識は一般人にはあまり縁のないものであったかもしれない。ビジネスパーソンを含めた大多数の一般人にとっては、科学的探求精神による不確実な未来よりも、確実に予測できる未来がほしいのである。これは「科学」というよりも「宗教」に近いマインドセットである。

この対談が行われて出版された1967年当時は、「人類の未来」をうたう大阪万博を前にした「明るい未来」信仰と同時に、「高度成長期」のひずみによる公害問題など科学批判が発生していた。楽観主義と悲観主義が同時に存在していたのであった。

そのため、この対談は全体的にペシミスティックな基層低音を感じるのだが、2014年現在では、また異なる意味で科学批判が発生している。原発事故だけでなく、遺伝子工学やロボットなど、科学的知識をバックにした技術開発が、人間存在そのものに「ゆらぎ」を生じさせ、制御不能になっているのではないかという不安を一般人に与えているからである。

それが「科学信仰」のゆらぎということであれば、批判そのものは健全でもある。とはいいながら、狭義の科学者以外の一般人にとっては、宗教も科学もともに、もはや安心立命を与えてくれる存在ではなくなっていることを示しているのであり、不安感と不透明感は1967年当時よりも、さらに増しているといっていいのかもしれない。


「科学的探求」と「科学の未来」

対談では、「科学とはなにか」そのものについてのやりとりもきわめて面白い。

法則性についての因果論と目的論の違い、物質・エネルギー・情報で自然科学を統一できるという方向性、全体像が一瞬にして明らかになる直観的などである。これらは、科学者でなければ論じにくいテーマである。

最終章の「科学の未来」のなかで、超人間的存在としての神の実在の可能性について論じ合っている箇所がひじょうに興味深いので引用しておこう。この対談の雰囲気が理解できるだろう。

梅棹 科学は、どこまでいっても一種の宇宙論ですからね。科学が完結するとしたら宇宙論の段階で完結するしかない。もし、いやらしい結論は出したくないというのなら、そこまで繰り返して問うことはやめるほかはない。しかし、問題は厳然としてあるわけです。そこまで問うたら、いやらしい結論がたくさん出てきます。
湯川 人間が自分を特別貴重なものやというてるだけの話です。逆にいうと、人間より高等なものがあり得るわけでしょう。しかし、それを想像するだけでも、とってもいやなことになる。しかし、そういうことを考えるのが科学です。
梅棹 ここは大事なことですね。私は、神というものの存在が科学によって初めて実体的なものとして考えられるようになったと思う。・・(中略)・・人間自身を相対化し、地球を相対化し、太陽系を相対化する。そういう徹底的な相対化による人間自身の客観化、そしてその結果、なにか人間を超える生物のようなものだって、宇宙のどこかには当然あり得るのではないかという認識が生まれてくる。もしそういう超人間的生物が存在するとすれば、それはまさに「神」ではないか。

これが科学者の発想であり、科学的探求の行き着くところである。そしてその「問い」をやめることができないのもまた科学者という存在である。これは、この対談が行われた1967年当時も、2014年現在も変わらない科学者のマインドセットであろう。

科学的探求という知的衝動は、いわば「業」(ごう)のようなものだろう。それをいかに芽を摘むことなく「制御」することができるかは、科学者を含めた人間社会全体の問題である。

「科学者」が探求してきた「科学」という人間のいとなみが、「人間にとって」いかなる意味をもってきたか、そしてこれから持つのであろうかという問い。この「問い」をめぐるこの対談は、とくに結論めいたものはないが、「問い」そのものに意味がある対談なのである。

二人の知的巨人による知的密度の濃いこの対談は、ぜひ一度は読んでほしい。






目 次

はじめに (湯川秀樹)
Ⅰ 現代科学の性格と状況
 人間からの離脱
 情報物理学の可能性
 自然観の再構成
Ⅱ 科学における認識と方法
 非法則的認識
 納得の構造
 科学の人類学的基礎
 イメージによる思考
Ⅲ 科学と価値体系
 価値の発生
 目的論的追求
 むだと未完結性
Ⅳ 科学とヒューマニズム
 自己拡散の原理
 執念と不安
 非科学ということ
 人間中心主義の根拠
Ⅴ 科学の未来
 当為と認識
 科学の社会化
 究極になるもの
 永夜清宵何所為
あとがき (梅棹忠夫)

増補
 現代を生きること-古都に住みついて
 科学の世界と非科学の世界
 科学と文化
解説 佐倉統


著者プロフィール 

湯川秀樹(ゆかわ・ひでき)
1907~1981。京都帝国大学卒業後、大阪大学助教授を経て京都大学教授。1949年、中間子理論でノーベル物理学賞受賞。京都大学名誉教授。核兵器廃絶運動にも熱心の参加した。理論物理学専攻 (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)。

梅棹忠夫(うめさお・ただお)
1920~2010。京都帝国大学卒業。大阪市立大学助教授、京都大学教授を経て国立民族学博物館館長。生態学を基礎にしながら多方面に活動した。国立民族学博物館名誉教授。総合研究大学院大学名誉教授。京都大学名誉教授。比較文明学専攻 (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)。


<ブログ内関連記事>


科学的思考全般

『形を読む-生物の形態をめぐって-』(養老孟司、培風館、1986)は、「見える形」から「見えないもの」をあぶり出す解剖学者・養老孟司の思想の原点

書評 『ヨーロッパ思想を読み解く-何が近代科学を生んだか-』(古田博司、ちくま新書、2014)-「向こう側の哲学」という「新哲学」

書評 『「大発見」の思考法-iPS細胞 vs. 素粒子-』(山中伸弥 / 益川敏英、文春新書、2011)-人生には何一つムダなことなどない!

書評 『ランド-世界を支配した研究所-』(アレックス・アペラ、牧野洋訳、文藝春秋、2008)-第二次大戦後の米国を設計したシンクタンクの実態を余すところなく描き切ったノンフィクション

書評 『「科学者の楽園」をつくった男-大河内正敏と理化学研究所-』(宮田親平、河出文庫、2014)-理研はかつて「科学者の楽園」と呼ばれていたのだが・・

「史上空前規模の論文捏造事件」(2002年)に科学社会の構造的問題をさぐった 『論文捏造』(村松 秀、中公新書ラクレ、2006)は、「STAP細胞事件」(2014年)について考える手助けになる

書評 『2045年問題-コンピュータが人間を超える日-』(松田卓也、廣済堂新書、2013)-「特異点」を超えるとコンピュータの行く末を人間が予測できなくなる?


梅棹忠夫の「科学論」

書評 『梅棹忠夫の「人類の未来」-暗黒の彼方の光明-』(梅棹忠夫、小長谷有紀=編、勉誠出版、2012)-ETV特集を見た方も見逃した方もぜひ

梅棹忠夫の幻の名著 『世界の歴史 25 人類の未来』 (河出書房、未刊) の目次をみながら考える

企画展「ウメサオタダオ展-未来を探検する知の道具-」(東京会場)にいってきた-日本科学未来館で 「地球時代の知の巨人」を身近に感じてみよう!
・・「「発見」というものは、たいていまったく突然にやってくるのである」(梅棹忠夫)


梅棹忠夫関連その他

書評 『梅棹忠夫 語る』(小山修三 聞き手、日経プレミアシリーズ、2010)
・・最晩年の放談集。日本人に勇気を与える元気のでるコトバの数々

書評 『梅棹忠夫のことば wisdom for the future』(小長谷有紀=編、河出書房新社、2011)

書評 『梅棹忠夫-地球時代の知の巨人-(KAWADE夢ムック 文藝別冊)』(河出書房新社、2011)

書評 『梅棹忠夫-知的先覚者の軌跡-』(特別展「ウメサオタダオ展」実行委員会=編集、小長谷有紀=責任編集、千里文化財団、2011)

梅棹忠夫の『文明の生態史観』は日本人必読の現代の古典である!

『東南アジア紀行 上下』(梅棹忠夫、中公文庫、1979 単行本初版 1964) は、"移動図書館" 実行の成果!-梅棹式 "アタマの引き出し" の作り方の実践でもある

書評 『回想のモンゴル』(梅棹忠夫、中公文庫、2011 初版 1991)-ウメサオタダオの原点はモンゴルにあった!

梅棹忠夫の「日本語論」をよむ (1) -くもん選書からでた「日本語論三部作」(1987~88)は、『知的生産の技術』(1969)第7章とあわせて読んでみよう!

梅棹忠夫の「日本語論」をよむ (2) - 『日本語の将来-ローマ字表記で国際化を-』(NHKブックス、2004)


京都の「知的風土」-現実主義とプラグマティズム

梅棹忠夫の『文明の生態史観』は日本人必読の現代の古典である!
・・京都生まれの京都育ちの生態学者

書評 『海洋国家日本の構想』(高坂正堯、中公クラシックス、2008)-国家ビジョンが不透明ないまこそ読むべき「現実主義者」による日本外交論
・・京都生まれの京都育ちの政治学者

書評 『封建制の文明史観-近代化をもたらした歴史の遺産-』(今谷明、PHP新書、2008)-「封建制」があったからこそ日本は近代化した!
・・京都生まれの京都育ちの歴史家による封建制度論

書評 『知的生産な生き方-京大・鎌田流 ロールモデルを求めて-』(鎌田浩毅、東洋経済新報社、2009)-京都の知的風土のなかから生まれてきた、ワンランク上の「知的生産な生き方」
・・東京出身の京大名物教授

書評 『革新幻想の戦後史』(竹内洋、中央公論新社、2011)-教育社会学者が「自分史」として語る「革新幻想」時代の「戦後日本」論
・・佐渡島生まれで京大卒の京大教授が書いた「戦後日本」の知識人世界。「戦後」というのがいかに異様な時代であったかがよくわかる本

会田雄次の『アーロン収容所』は、英国人とビルマ人(=ミャンマー人)とインド人を知るために絶対に読んでおきたい現代の古典である!
・・「人間中心主義」である西欧ヒューマニズム批判





(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!

 
end