「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2017 禁無断転載!



2010年12月24日金曜日

書評 『聖書の日本語-翻訳の歴史-』(鈴木範久、岩波書店、2006)-新しい考え方を普及させるためには必要なことは何だろうか




新しい考え方を普及させるためには必要なことは何だろうか-「目からウロコが落ちる」本

 キリスト教聖書の日本語への翻訳の歴史を、キリシタン時代からさかのぼり、とくに明治時代から最新訳聖書に使用されている日本語を徹底的に分析した本。

 キリスト教の教義と思想そのものは、戦国時代末期のキリシタン時代にあっては当然のことながら、明治時代の日本人にとっても、まったく新しいものであった。

 明治時代に行われた、聖書の日本語訳で使用されたキリスト教用語が、中国で出版された漢訳聖書(=漢語訳聖書)のものを多く引き継いでおり、このため明治時代の日本人にとっても受容しやすかったという指摘が興味深い。

 これは、漢訳仏典をつうじて日本人が受容した大乗仏教と同様、キリスト教もまた漢訳聖書の影響を、最新訳の聖書に至るまで(!)大きく受けていることを意味しているわけだ。

 江戸時代後期の国学者・平田篤胤(ひらた・あつたね)は、禁書であった漢訳聖書と漢訳キリスト教文献をひそかに入手し、影響を受けているらしい。

 新しい思想を受容するに際しては、受容する側にその思想を理解するための回路を作らなければならないのだが、その際には従来からの思考の枠組みとコトバが多く利用されるわけである。

 これは、キリスト教の布教といった狭い側面に限らず、新しい考え方を普及させるためには必要なことなのかもしれない。

 原典であるヘブライ語とギリシア語から、旧約聖書と新訳聖書が翻訳がされるようになったのは口語訳聖書以降であって、現在の最新訳においても、漢訳聖書で使用されたコトバが生き残っていることが、著者の研究によって示されている。

 キリスト教で使う神、精霊、天国、洗礼、愛といった単語は言うまでもなく、「目からウロコが落ちる」、「笛吹けど踊らず」などの日本語表現が、実は聖書の日本語訳に由来することを多くの人は知らないようだ。それくらい無意識に使用されるこれらの単語や表現が、知らず識らずのうちに現代日本人の思考を支えているというわけなのだ。

 私は、明治時代の聖書翻訳者たちが漢訳聖書で使用されていた「天主」をそのまま受け入れなかったことを、たいへん残念に思っている。

 天主教とはカトリックのことだが、プロテスタントが中心になった日本語訳聖書翻訳者たちが「神」という訳語を選択したために、その後いかなる混乱をもたらし、それが現在まで続いていることか。日本の首相が内輪の集会でクチにした「日本は神の国」という文言が、いかなる反発を招いたか、その経緯を思い出してみるとよい。

 こういったことも含めて、近代日本語を豊かににしてきたとともに、問題のタネを撒いた「聖書の日本語」について知るための必読書である。


<初出情報>

■bk1書評「新しい考え方を普及させるためには必要なことは何だろうか-「目からウロコが落ちる」本」投稿掲載(2009年12月22日)
■amazon書評「新しい考え方を普及させるためには必要なことは何だろうか-「目からウロコが落ちる」本」投稿掲載(2009年12月22日)

*再録にあたって、大幅に書き換えた。





目 次

第1章 聖書の日本語訳事始め
第2章 聖書の中国語訳
第3章 中国のキリスト教書と日本語訳聖書
第4章 ヘボン訳と明治元訳の成立
第5章 改訳への痛み―「大正改訳」成立史
第6章 口語訳から共同訳へ
第7章 日本語と聖書語
むすび 中国経由のキリスト教という一面
付章 聖書と日本人


著者プロフィール

鈴木範久(すずき・のりひさ)

1935年生まれ。専攻、日本宗教史。立教大学名誉教授。内村鑑三の英文著作からの日本語訳者でもある
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものを増補)



<書評への付記>

 「日本は神の国」という文言をクチにしたのは、自民党の森元首相。神道関係の集会での発言であり、この発言じたいには問題はない。ただし、立場の違いによっては、絶対に受け入れることのできない人がいることは理解できる。

 戦前のファナティックなまでの「神国」を想起させるからだ。

 なお、キリスト教でいう「神の国」とは、古代キリスト教の教父アウグスティヌスの著書のタイトルである。ラテン語の Civitas Dei は、英語訳では The City of God となっている。この点にかんしては、Civitas Dei を「神の国」と訳したキリスト教関係者にも大いに問題がある。

 英語では大文字で始まる God と 小文字で始まる god を区別しているというものの、あいまいであることは大きな問題である。大文字の God には単数形しかなく、小文字の god は複数形 gods がありうる。フランス語でもその他西欧語ではみな同じである。

 キリスト教聖書の翻訳が、その言語の近代化に与えた大きな影響については、ドイツ語におけるルター聖書や、英語における King James Version など枚挙にいとまがない。

 日本語においても、それは同じであった。

 少なくとも日本語においては、日本語訳聖書には功罪両面あると言わざるをえない。日本語表現を豊かにしたという「功」の面と、ここに書いた「罪」の面。





PS 読みやすくするために改行を増やした。 (2014年2月5日 記す)。






<ブログ内関連記事>

布教とローカリゼーション、文化変容

書評 『メイド・イン・ジャパンのキリスト教』(マーク・マリンズ、高崎恵訳、トランスビュー、2005)-日本への宣教(=キリスト教布教)を「異文化マーケティグ」を考えるヒントに

イエズス会士ヴァリリャーノの布教戦略-異文化への「創造的適応」
・・「異文化マーケティング」の先駆者に学ぶものとは

書評 『日本人とキリスト教』(井上章一、角川ソフィア文庫、2013 初版 2001)-「トンデモ」系の「偽史」をとおしてみる日本人のキリスト教観




「日本の近代社会とキリスト教」

『日本の近代社会とキリスト教(日本人の行動と思想 8)』(森岡清美、評論社、1970)は、 ぜひ復刊を望みたい基本書


書評 『日本人は爆発しなければならない-復刻増補 日本列島文化論-』(対話 岡本太郎・泉 靖一、ミュゼ、2000)
・・「幕末の復古神道のパイオニア・平田篤胤(ひらた・あつたね)自身が、ひそかに漢籍文献をつうじて知りえた、キリスト教のアダムとイヴの創世神話を、大胆にも換骨奪胎(かんこつだったい)して、自分の教説内容に取り入れてしまっている」

書評 『折口信夫 霊性の思索者』(林浩平、平凡社新書、2009)
・・国学者・平田篤胤(ひらた・あつたね)について間接的に言及

書評 『折口信夫―-いきどほる心- (再発見 日本の哲学)』(木村純二、講談社、2008)
・・国文学者で民俗学者であった折口信夫とキリスト教の接点について言及している

庄内平野と出羽三山への旅 (7) 「神仏分離と廃仏毀釈」(はいぶつきしゃく)が、出羽三山の修験道に与えた取り返しのつかないダメージ
・・「日本は神の国」という文言が生まれてきた背景について「神々の明治維新」で考える


聖書の翻訳と現地語

書評 『新月の夜も十字架は輝く-中東のキリスト教徒-』(菅瀬晶子、NIHUプログラムイスラーム地域研究=監修、山川出版社、2010) 
・・アラブ・ナショナリズムにつながるアラビア語復興運動は、聖書をアラビア語に翻訳する事業に携わったアラブ人キリスト教徒が指導的役割を果たした事実は、ルターによる聖書のドイツ語訳とのアナロジーを思わせるものがある

(2014年2月5日 情報追加と再編集)



(2012年7月3日発売の拙著です)










Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。


禁無断転載!




end