「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2010~2016 禁無断転載!



2010年12月4日土曜日

必要は発明の母-ノラネコ合従連衡? 呉越同舟?



 ふだんはかならず距離をおいて自分のテリトリー空間を守るノラネコだが、ときに奇妙なまでにノラネコどうしで固まっていることがある。

 子ネコ時代は、子ネコどうしでじゃれあうものだが、ご覧のとおりもはや子ネコとはいえない面々である。



 この写真を撮影した日は、非常に風の冷たい、寒い一日であった。

 この写真に写っている三匹のノラネコは、いつもは距離をおいているのだが、この日は肌(・・いや毛皮か)がふれあう形で固まっていた。
 私が観察するところでは、オスが二匹にメスが一匹である。

 ハーレム? 3C? 
 いやいや、ノラネコは、トドやセイウチではない。

 いや、ノラネコの繁殖期はもう終わったようだ。オスどうしの絶叫威嚇合戦と、交尾の際に発するメスネコ絶叫の時期はもう終わっている。

 「仲良きことは美しき哉」。
 おいおい、武者小路実篤の野菜の絵ではないぞ(笑)。
 
 おそらく体温の減少を防ぐためだろう。つまり利害関係の一致がもたらした合従連衡だ。「背に腹は代えられない」、ということだろう。押しくらまんじゅうのようなフォーメーションである。

 仲良し? いや、内実は呉越同舟だろう。ふだんはお互い距離をとっているネコたちだ。私はこの三匹のネコとはすべて顔見知りである。それぞれかなり個性の異なるネコたちである。





 エジプトが原産のイエネコ(・・飼いネコもノラネコも同じ家畜としてのイエネコ)とって、日本の冬の寒さはさすがに厳しいものがあろう。ノラネコの平均寿命が4~5年というのも当然かもしれない。

 まさに「必要は発明の母」といってよい状況だろうか? 





 以前、このブログに書いた ノラネコに学ぶ「テリトリー感覚」-自分のシマは自分で守れ!・・・に掲載した写真と見比べて欲しい。

 いつも仲良くやっているわけではないことがわかるはずだ。
 ノラネコの「社会」生活もなかなか・・・・。






(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end