「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2019 禁無断転載!



2019年5月21日火曜日

JBPress連載コラム第52回目は、「現代のストレス社会に古代ローマの人生訓が効く理由-激動の21世紀にこそ読んでほしい『自省録』」(2019年5月21日公開)


激動期には古代のストア派哲学がリバイバルする。そういっても言いすぎではないだろう。 

連載コラム第52回は、激動期には古代のストア派哲学がリバイバルする】 現代のストレス社会に古代ローマの人生訓が効く理由-激動の21世紀にこそ読んでほしい『自省録』と題して書いてみた。 ⇒ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56416

そもそもストア派哲学は、旧来の価値観が崩壊し、価値観が大混乱していた激動期のヘレニズム期に古代ギリシアで生まれた「実践哲学」だ。紀元前3世紀頃である。 

ローマ帝国の皇帝で『自省録』のマルクス・アウレリウスは、「後期ストア派」の最後の哲学者とされている。 

21世紀のストア派哲学のリバイバルは史上2回目のものだ。前回の第1回目のリバイバルは、16世紀後半から17世紀にかけての激動期の西欧社会であった。後者については、「略奪と殺戮の時代に終止符を打ったストイックな女王-『自省録』を座右の書にしてきたトップリーダーたち」で詳しく書いた。

では、なぜいまストア派哲学がリバイバルし、米英アングロサクソン圏(つまりは英語圏)を中心に流行しているのか? 

前回のリバイバルとの違いを押さえたうえで、第2回目のリバイバルの理由について考えてみよう。16世紀後半のリバイバルを「新ストア主義」とよぶのに対し、21世紀のリバイバルは「現代ストア主義」とよんで区別している。

また、欧米人からはしばしば「ストア派的」だと評されることの多い日本人にとっての「現代ストア主義」がもつ意味についても考えてみたい。
⇒ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56416 






<ブログ内関連記事>

JBPress連載コラム第51回目は、「略奪と殺戮の時代に終止符を打ったストイックな女王-『自省録』を座右の書にしてきたトップリーダーたち」(2019年5月7日公開)

JBPress連載コラム第50回目は、「世界のリーダーたちが座右の書としてきた『自省録』(前編・後編)(2019年4月23・24日公開)

『超訳 自省録 よりよく生きる』(マルクス・アウレリウス、佐藤けんいち編訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2019)が、来る2019年4月27日出版されます-わが人生初のハードカバー!

書評 『大学とは何か』(吉見俊哉、岩波新書、2011)-特権的地位を失い「二度目の死」を迎えた「知の媒介者としての大学」は「再生」可能か?
・・「16世紀メディア革命」の活版印刷後、制度としての大学は衰退した。19世紀に国民国家モデルとともにリバイバルした大学は、「21世紀メディア革命」のインターネット革命のいよって、ふたたび衰退に向かうのか?


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end

2019年5月19日日曜日

書評 『水運史から世界の水へ』(徳仁親王、NHK出版、2019)-歴史学から世界の水問題へ「文理融合」の実践


水運史から世界の水へ』(徳仁親王、NHK出版、2019を読んだ。水関連の講演8本が収録されている。この本の存在を知ったのは、紀伊國屋書店新宿本店で4月27日に出版された拙著『超訳自省録』と並んで「平積み」されていたから。

帯に「皇太子殿下のご講演の記録」とあるのは、出版が即位前の4月であったためだ。天皇に即位しても、ご本人が徳仁(なるひと)親王であることに変わりない。即位後は帯は新しいバージョンに取り替えたのだろうかしらん?

内容は、もともとの学習院大学の学部時代の専門である「日本中世水運史」関連の講演が3本、英国のオックスフォード大学に留学して研究テーマとした「産業革命時代のテムズ河の水運史」関連が2本、「3・11」の東日本大震災の津波災害を機会にあらたに研究を始めた「水災害とその歴史」、そして「水問題」にかんする講演が2本。「世界の水問題の現状と課題」は、国連での基調講演をもとにしたもの。もともとの英文による講演も収録。

『水運史から世界の水へ』というタイトルにあるように、もともと歴史学から始まった研究が、地球環境問題まで視野が拡大し、視点が増加していった経緯がよく理解できる構成になっている。まさに「文理融合」モデルのお手本ともいうべき内容だ。この講演録を読んでいると、天皇陛下の問題意識のあり方が手に取るようにわかる。

このような問題意識を持たれている方が、日本国の「象徴」となられたということは、グローバル時代に生きる日本人にとって、大きなソフトパワーになることは間違いない。ありがたいことだ。

もちろん、いちばん面白かったのは、オックスフォード大学時代の研究と留学生活の回想を語った講演「オックスフォード大における私の研究」。かなり緻密な研究をされていたのだなあという思いとともに、たいへん貴重な経験をなされたのだなあという思いを深くする。

内容的には、かなり専門的な話にも踏み込んでいるが、講演なので読みやすい。天皇陛下のご著書ではなくても、読む価値のある本であると思う。21世紀の現在に生きる人間にとって、「水問題」は避けて通れない問題であるからだ。一読を薦めたい。






目 次  
はじめに
第1章 平和と繁栄、そして幸福のための水 
第2章 京都と地方を結ぶ水の道-古代・中世の琵琶湖・淀川水運を中心として 
第3章 中世における瀬戸内海水運について-兵庫の港を中心に
第4章 オックスフォードにおける私の研究
第5章 17~18世紀におけるテムズ川の水上交通について
第6章 江戸と水運
第7章 水災害とその歴史-日本における地震による津波災害をふりかえって 
第8章 世界の水問題の現状と課題-UNSGABでの活動を終えて
主な参考文献
参考収録 Quest for Better Relations between People and Water


著者プロフィール
徳仁親王(なるひと・しんのう)
昭和35年(1960)生まれ。昭和57年(1982)、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程入学。昭和58年(1983)6月から昭和60年(1985)10月まで英国に滞在し、オックスフォード大学大学院に在学。昭和63年(1988)、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程修了。平成3年(1991)、オックスフォード大学名誉法学博士。平成4年(1992)より学習院大学史料館客員研究員。平成15年(2003)、第3回世界水フォーラム名誉総裁。平成19年(2007)から平成27(2015)まで国連水と衛生に関する諮問委員会(UNSGAB)名誉総裁。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの) 言うまでもなく、2019年5月1日に即位された。





<ブログ内関連記事>

本の紹介 『鶏と人-民族生物学の視点から-』(秋篠宮文仁編著、小学館、2000)-ニワトリはいつ、どこで家禽(かきん=家畜化された鳥類)になったのか?

「城下町・古河」をはじめて歩いてみた(2019年5月5日)-日光街道の街道筋で利根川と渡良瀬川が合流する地域にある古河は、かつて交通の要衝だった

公開講演会 『海のことは森に聞け-コトの本質に迫るには-』(畠山重篤)にいってきた(国際文化会館 2012年11月17日)-「生きた学問」とはまさにこのことだ!

念願かなって「地下宮殿」を見学してきた(2018年8月11日)-世界最大級の「首都圏外郭放水路」がすごい。百聞は一見にしかず!

今年2011年の世相をあらわす漢字は 「水」 に決まり-わたしが勝手に決めました(笑)

かつてバンコクは「東洋のベニス」と呼ばれていた・・


バンコクへの渡航は自粛を!-タイの大洪水と今後の製造業立地の方向性について

『龍と蛇<ナーガ>-権威の象徴と豊かな水の神-』(那谷敏郎、大村次郷=写真、集英社、2000)-龍も蛇もじつは同じナーガである

(2019年6月4日 情報追加)


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!







end

2019年5月18日土曜日

「松の花」が咲いている(2019年5月18日)


この季節はいろんな花が咲いているが、花といっても美しい花だけが花ではない。

まず匂いでわかるのが栗の花。なんともいえない、独特の匂いですぐにわかる。ああ、栗の花の季節なんだなあと。マロニエも同様。


匂いではないが、目で見てふと気がついたのが松の花。海岸沿いに植えられた赤松だ。

真ん中が雌花、まわりは雄花。そう松もこの時期に花を咲かせ、花粉をまきちらし、そして実をつける。実(み)は松ぼっくり。

美しい花だけが花ではない、ということだ。



 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!







end

2019年5月11日土曜日

「ノモンハン事件」勃発から80年(2019年5月11日)-末尾が「9」の年に起こったこと

ノモンハンの広大な平原を進軍日本陸軍第23師団の兵士 Wikipediaより

本日(2019年5月11日)は、「ノモンハン事件」の勃発からから80年にあたる。

「ノモンハン」事件とは、モンゴル人民共和国(現在当時)と満洲国(当時)のあいだで発生した国境紛争が武力衝突に発展した事件だ。 モンゴル人民共和国の背後にいたのはソ連(現在はロシア共和国)であり、満洲国の背後にいたのは大日本帝国(当時)だ。つまり、本質はソ連と日本と武力衝突であった。

モンゴル平原における関東軍(1939年) Wikipediaより

「ノモンハン事件」は、「ハルハ河戦争」ともいう。現地では「ハルハ河」というからだ。現地の正確な情報が、地図作成に反映していなかったことが原因だ。 「ノモンハン事件」は、3ヶ月間つづき、日ソの双方ともに大きな損害を出して終わった。日ソ間で停戦交渉が成立した結果、ソ連は兵力をヨーロッパ側に集中することが可能となり、その翌々年(1941年)の「独ソ戦」につながっていく。

「ノモンハン事件」が「第2次世界大戦」につながっていったのである。 80年前の1939年は、昭和14年であった。

 「令和」に改元されてからまだ11日。お祝いムードに水をさすつもりはないが、「昭和」はいつでもどこでも、ついてまわる。 「過去」を否定し去ることは、できないのである。






<ブログ内関連記事>


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!







end

2019年5月7日火曜日

JBPress連載コラム第51回目は、「略奪と殺戮の時代に終止符を打ったストイックな女王-『自省録』を座右の書にしてきたトップリーダーたち」(2019年5月7日公開)

(グレタ・ガルボ主演のハリウッド映画『クリスチナ女王』(1933年)のポスター Wikipediaより)

21世紀の現在、米英の英語圏を中心に「ストア派哲学」のリバイバルにある。だが、リバイバルは今回が初めてのことではない。西欧では、いまから約500年前にもリバイバルした時期があっった。 

21世紀の現在もそうだが、どうも時代が激動期に入ると、周囲の状況にまどわされずに、何ごとにも動じない「強いメンタル」をもつニーズが個人レベルで生まれてくるようだ。「内面」の重視である。「内省」の重視である。 

何ごとにも動じない「強いメンタル」のことを「不動心」(アタラクシア)という。「不動心」はまた「恒心」ともいう。「恒心」は、16世紀から18世紀にかけての「バロック時代」の基本精神でもあった。 

JBPressの連載コラムだが、本日(2019年5月7日)公開のコラムは、略奪と殺戮の時代に終止符を打ったストイックな女王-『自省録』を座右の書にしてきたトップリーダーたちと題して、17世紀スウェーデンの女王クリスティナを取り上げた。 
⇒  http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56277


(クリスティナ女王の肖像画 Wikipediaより)

クリスティナ女王は、それほど知名度は高くないが、きわめて重要な役割を果たした人物だ。

ストア派哲学に支えられた強固な意志によって理想を貫き、キリスト教徒同士が血で血を洗う宗教戦争を終結させることに成功した人物だ。 

ぜひお読み頂きたいと思う。
⇒  http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56277



■『超訳 自省録 よりよく生きる』について

全12巻で構成されている『自省録』を、編訳者である私が、内容に従って9項目に分類した「目次」を紹介しておこう。


目 次
はじめに
1 「いま」を生きよ
2 運命を愛せ
3 精神を強く保て
4 思い込みを捨てよ
5 人の助けを求めよ
6 他人に振り回されるな
7 毎日を人生最後の日として過ごせ
8 自分の道をまっすぐに進め
9 死を想え


『超訳 自省録 よりよく生きる』(佐藤けんいち編訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、4月27日の発売。





<ブログ内関連記事>

『超訳 自省録 よりよく生きる』(マルクス・アウレリウス、佐藤けんいち編訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2019)が、来る2019年4月27日出版されます-わが人生初のハードカバー!

不動明王の「七誓願」(成田山新勝寺)-「自助努力と助け合いの精神」 がそこにある!
・・「不動心」を説いたストア派。「不動尊」信仰を発展させた真言密教


■初期近代の西欧とバロック

「ルーベンス展-バロックの誕生-」(国立西洋美術館)に行ってきた(2019年1月3日)-南部ネーデルラントが生んだバロックの巨人をイタリア美術史に位置づける試み

エル・グレコ展(東京都美術館)にいってきた(2013年2月26日)-これほどの規模の回顧展は日本ではしばらく開催されることはないだろう

「グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家」(国立西洋美術館)に行ってきた(2015年3月4日)-忘れられていた17世紀イタリアのバロック画家がいまここ日本でよみがえる!

『バロック・アナトミア』(佐藤 明=写真、トレヴィル、1994)で、「解剖学蝋人形」という視覚芸術(?)に表現されたバロック時代の西欧人の情熱を知る


■略奪と殺戮の時代の西欧近世

「ジャック・カロ-リアリズムと奇想の劇場-」(国立西洋美術館)にいってきた(2014年4月15日)-銅版画の革新者で時代の記録者の作品で17世紀という激動の初期近代を読む

映画 『王妃マルゴ』(フランス・イタリア・ドイツ、1994)-「サン・バルテルミの虐殺」(1572年)前後の「宗教戦争」時代のフランスを描いた歴史ドラマ


■500年単位で繰り返す「激動の時代」

「500年単位」で歴史を考える-『クアトロ・ラガッツィ』(若桑みどり)を読む

書評 『1492 西欧文明の世界支配 』(ジャック・アタリ、斎藤広信訳、ちくま学芸文庫、2009 原著1991)-「西欧主導のグローバリゼーション」の「最初の500年」を振り返り、未来を考察するために


 
(2019年4月27日発売の拙著です)




(2017年5月18日発売の拙著です)


   

(2012年7月3日発売の拙著です)








Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end


2019年5月6日月曜日

世界的に有名な「大宮盆栽村」に行ってみた(2019年5月5日)-いまや世界的な存在の bonsai について考えてみる

(大宮盆栽美術館所蔵の推定樹齢1000年の蝦夷松「轟」 筆者撮影)

世界的に有名な「大宮盆栽村」(Omiya Bonsai Village)に初めて行ってみた(2019年5月5日)。

盆栽、というよりも bonsai は世界的に流行しているという話は、ニュースでもたびたび取り上げられている。「盆栽なんて古くさい」なんて固定観念をもっている一般的な日本人よりも、外国人のほうにこそ熱心な「盆栽ファン」がいるようだ。

「大宮盆栽村」は、東武野田線の大宮公園駅が最寄り駅なのだが、今回は茨城県古河市が旅のメインであるので、その帰途に立ち寄ることにしたので、JR宇都宮線の土呂(とろ)駅で下車してから歩いて10分ほどである。



土呂駅を出るといきなり道路にペンキでプレートが塗られている。英語で Welcome to Omiya Bonsai Village、日本語で「ようこそ大宮盆栽村へ」と書いてあるのは、2017年に World Bonsai Convention Saitama Japan が開催されたためのようだ。

「大宮盆栽村」の知名度は、海外でも高いのだろう。たまたま、5月3日から5日まで「大盆栽まつり」の期間中にあたっていたので、盆栽村あげてのお祭り状態であった。盆栽を求めて集まってきた日本人や外国人であふれていた。


(大宮盆栽美術館の入り口 筆者撮影)

かくいう私も、じつは小学生の頃、動物よりも植物好きで、しかも栽培大好き人間だったこともあり、盆栽を見るのも大好きだったのだ。小さな鉢に植わった巨大な盆栽。よくこんなものをつくるなあ、と。そんなことを思い出しながら、「大宮盆栽美術館」(Bonsai Art Museum)を見学し、盆栽村にある盆栽園をいくつか見て回った。

盆栽村は、明治時代になって団子坂(文京区)から移転してきた盆栽園の集積地帯(クラスター)なのだ。盆栽村の歴史が「企画展」で説明されていた。



(美術館の中庭の盆栽は写真撮影可 筆者撮影)

それにしても、樹齢100年の盆栽は当たり前、なかには200年や300年を越したものだけでなく、なんと推定樹齢1000年(!)もある(冒頭の写真のエゾマツ)というのは、ほんとに驚きだ。売っている盆栽ですら、100万円超の価格も当たり前まさに「生きたお宝」が盆栽である。


(盆栽園の前にて筆者撮影)

来客には外国人が少なくないが、盆栽園には外国人の盆栽職人も修行している。盆栽は、いや bonsai は、まさにグローバルなのだなとあらためて実感。

いまから30年ほど前のことだが、イタリアのシチリア島を旅したことがある。アグリジェントだったと思うが、古代ギリシアの遺蹟の近くで、強風のため曲がったオリーブの木をさしながら、イタリア人たちから「bonsai!」と声をかけられたことがある。

そのときは、「イタリア人がなぜ bonsai を知ってるのか?」と不思議な感じがしたのだが、考えてみれば、その当時から bonsai はヨーロッパで普及していたというわけなのだ。

マンガ(manga)にアニメ(anime)だけではない。盆栽(bonsai)もまた、世界中の人びとを魅了し、「日本ファン」に変身させる重要なアイテムの一つなのである。

ところが、盆栽は日本固有のものではない。ベトナムもまた同様だ。ベトナムには独特の「盆栽文化」があるのだ。


■「盆栽」といえば、中華文明の影響下にあるベトナムもまた

ベトナムのハノイにいくと、やたら目に付くのが盆栽だ。いたるところに盆栽があるのだが、もちろん東南アジアのベトナムは日本より樹木の生長が早いので、日本よりも比較的大鉢ものが中心だ。

だが、日本との大きな違いはそこにはない。ベトナムでは、盆栽の鉢にミニチュアの人形が複数配置されていることだ。道教風というのか、昔の中国風の衣装を着た仙人のようなミニチュアの数々。ストーリーのあるジオラマ風の展開だ。


(酒席を囲むミニチュア人形たち ハノイにて筆者撮影)

よく目にするだけでなく、あまりにも興味深いので、ハノイには仕事の関係で数回行っているが、目に付いた限りのベトナム盆栽の写真を撮っておいた。日本人の同行者がいても、ベトナム盆栽にはあまり関心がないようで、そのこともまた私には不思議でしょうがない。私には、面白くてしょうがないのだが。

また、正確にいうと盆栽ではないのだが、奇岩にミニチュア人形をあしらったものもある。下の写真では、笠をかぶった太公望が奇岩に腰掛けている。中国の奇岩趣味を発展させたのだろうか。


(奇岩にミニチュア人形を配したもの 筆者撮影)

ミニチュア人形つき盆栽は北部ではひじょうに盛んだが、南部ではかならずしもそうではないような印象を受けた。中国に近い北部のほうが盆栽は盛んなのだろうか? 


(南部のホ-チミン市内の植木屋・盆栽屋にて筆者撮影)

ベトナム盆栽は、「ホンノンボ」というらしい。そのことは、はじめてベトナムで盆栽を見たあとのことになるが、『ふしぎ盆栽ホンノンボ』(宮田珠己、ポプラ社、2007)という本で知った。

自分とおなじようなものに興味をもつノンフィクションライターが存在することに驚くとともに、うれしい思いをしたことを覚えている。ベトナム盆栽も、ベトナムでの名称ががわかると、なんだか安心もし、親しみも感じてくる。



フランス東洋学を代表するロルフ・ロスタンに『盆栽の宇宙』(せりか書房、1985)という本があるが、フランスの東洋学研究所が、当時はフランスの植民地であったベトナムのハノイにあったため、日常的に観察できることができたことも大きいのではないかと推察する。植民地時代に書かれたこの本では、ベトナム盆栽は「ヌイ・ノン・ボ」とある。



そもそも、盆栽のルーツは中国にあることは言うまでもない。奇岩を愛し、奇樹を愛する中国人の心性

これが、かつて中国文明の圧倒的影響下にあった日本で花開き独自の展開をとげ、おなじくベトナムでも同様に花開いて独自の展開をとげたという次第。ベトナム北部のハロン湾は、世界的に有名な奇岩が多数そそり立っている。

朝鮮半島にも盆栽はあるのだろうが、なぜか見たことはない。あったとしても、ごくマニア的な人にしか知られていない世界かもしれない。朝鮮半島は、公式な式典には盆栽が飾られる日本やベトナムとは、状況が異なるのだろうか? 

かつて1980年代初頭に、李御寧(イ・オリョン)氏が名著『「縮み志向」の日本人』で日韓の比較文化論を展開していたが、盆栽に代表されるミニチュアは、一般的な韓国人の趣味ではないのだろう。

いずれにせよ、くれぐれも、盆栽は韓国がルーツなどという「妄言」が吐かれることがないことを願うばかりだ。

また、おなじ東南アジアでありながら、中華文明の影響が濃厚なベトナムと、インド文明が基本のタイとの違いも、盆栽の存在の有無にあるといえるだろう。タイには盆栽はない。すくなくとも、私は見たことがない。

このように盆栽は、日本固有のものではないが、それでも日本の盆栽とベトナムの盆栽は、それぞれ個性的で、おなじものではない。シックな日本の盆栽は、ヨーロッパ人好みなのだろうな、と思う。









<ブログ内関連記事>

『水曜日のアニメが待ち遠しい』(トリスタン・ブルネ、誠文堂新光社、2015)を読んで日本のアニメとマンガがいかに1970年代以降のフランス社会に受け入れられていったかを知る

Vietnam - Tahiti - Paris (ベトナム - タヒチ - パリ)

「湯島聖堂」に久々に立ち寄ってみた(2019年1月3日)-だが日本は明治時代になるまで「科挙」の影響を受けていないのである

ベトナムのカトリック教会

なぜ北朝鮮のキム・ジョンウン氏は、列車でピョンヤンから中越国境を越えてそのままベトナムに入ることができるのか?-鉄道のゲージに注目せよ !


■盆栽の対極にあるのが巨樹・巨木

麻賀多神社の本宮まで行ってきた-樹齢1400年の「大杉」のパワーを浴びる(2018年4月28日)

市川文学散歩 ①-葛飾八幡宮と千本いちょう、そして晩年の永井荷風

千葉寺(ちばでら)をはじめて訪問(2016年3月2日)-境内の巨大な「大銀杏」は千葉県指定の天然記念物!

(2019年6月23日 情報追加)

 
(2019年4月27日発売の拙著です)




(2017年5月18日発売の拙著です)


   

(2012年7月3日発売の拙著です)




 



Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!






end