「アタマの引き出し」は「雑学」ときわめて近い・・日本マクドナルド創業者・藤田田(ふじた・でん)に学ぶものとは?

◆「アタマの引き出し」つくりは "掛け算" だ : 「引き出し」 = Σ 「仕事」 × 「遊び」
◆酒は飲んでも飲まれるな! 本は読んでも読まれるな!◆ 
◆一に体験、二に読書、その体験を書いてみる、しゃべってみる!◆
◆「好きこそものの上手なれ!」◆

<旅先や出張先で本を読む。人を読む、モノを読む、自然を読む>
トについてのブログ
●「内向きバンザイ!」-「この国」日本こそ、もっとよく知ろう!●

■■ 「むかし富士山八号目の山小屋で働いていた」全5回 ■■
 総目次はここをクリック!
■■ 「成田山新勝寺 断食参籠(さんろう)修行(三泊四日)体験記 」全7回 ■■ 
 総目次はここをクリック!
■■ 「庄内平野と出羽三山への旅」 全12回+α - 「山伏修行体験塾」(二泊三日)を中心に ■■
 総目次はここをクリック!


「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!

「個」と「組織」のよい関係が元気をつくる!
ビジネス寄りでマネジメント関連の記事はこちら。その他の活動報告も。最新投稿は画像をクリック!



ご意見・ご感想・ご質問 ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、コピー&ペーストでお願いします。

© 2009~2019 禁無断転載!



2019年10月22日火曜日

JBPressの連載コラム第63回は、「天皇の「継承」制度、世界の中でいかに特殊なのか-ダライ・ラマ、ローマ教皇との共通点と相違点」(2019年10月22日)


JBPressの連載コラム第63回は、天皇の「継承」制度、世界の中でいかに特殊なのか-ダライ・ラマ、ローマ教皇との共通点と相違点(2019年10月22日)
⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57967

本日(2019年10月22日)は、「即位礼正殿の儀」で国民の祝日である。めでたいことである。ただし、祝日となるのは今年限りのことだ。 

「天皇」が制度として、断絶を超えて連続性を保ってきた秘密はどこにあるのだろうか? 

今回は、天皇以外の制度と比較しながら、日本の天皇の特質について、さまざまな点から考えてみたいと思う。 

どの要素を取り上げるかによって、見える姿が異なってくるが、制度を比較することで、さまざまなことが見えてくることだろう。 

つづきは本文で  https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57967


というわけで、「比較」という切り口を使って、ローマ教皇とダライ・ラマと比較しながら天皇という制度の特徴について考えてみたいと思います。皆さんも、ぜひご一緒に。







<ブログ内関連記事>
 
JBPress連載コラム第54回目は、「発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”-平時から身につけたい流域の視点と発想」(2019年6月18日公開)
・・天皇陛下の御著書『水運史から世界の水へ』(NHK出版、2019)を紹介

書評 『水運史から世界の水へ』(徳仁親王、NHK出版、2019)-歴史学から世界の水問題へ「文理融合」の実践

「世襲」という 「事業承継」 はけっして容易ではない-それは「権力」をめぐる「覚悟」と「納得」と「信頼」の問題だ!

600年ぶりのローマ法王と巨大組織の後継者選びについて-21世紀の「神の代理人」は激務である

書評 『バチカン近現代史-ローマ教皇たちの「近代」との格闘-』(松本佐保、中公新書、2013)-「近代」がすでに終わっている現在、あらためてバチカン生き残りの意味を考える

書評 『バチカン株式会社-金融市場を動かす神の汚れた手-』(ジャンルイージ・ヌッツィ、竹下・ルッジェリ アンナ監訳、花本知子/鈴木真由美訳、柏書房、2010)

書評 『日本の血脈』(石井妙子、文春文庫、2013)-「血脈」には明治維新以来の日本近代史が凝縮

(2019年10月25日 情報追加)


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)





Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年10月9日水曜日

書評 『インドクリスタル』(篠田節子、角川書店、2014)-インドの闇の深さとがっぷり四つに取り組んだ重厚な大作


小説はあまり読まないのだが、この週末はひさびさに長編小説を読んだ。『インドクリスタル』(篠田節子、角川書店、2014)である。タイトルは、インドのクリスタル(水晶)産業用素材として使用される、鉱物資源の水晶をめぐるビジネスものでもある。

「群盲象をなでる」というフレーズをすぐにも想起するのが「巨像インド」だが、聖俗の二面性が当たり前のように存在するインド懐の深さ、混沌としたその闇の深さ、濃厚で悪魔的魅力といったものを、がっぷりと四つに取り組んで、余すことなく描ききった大作だ。国際ビジネス小説であり、はらはらさせるストーリー展開のスリラー小説でもある。

単行本の初版は、二段組みでぎっちり活字が詰まった540ページもあるが、構成がしっかりしていて、しかもディテールの描き込み方がすごいので、最後まで飽きることなく読める。そうとう調べに調べた上で書いているなあ、という感想。政治・経済・ビジネス、旧植民地支配者の英国もからむNGO、宗教、不可食賎民、先住民その他もろもろにわたっており、歴史も踏まえていて、日本人もインド人も個性的な登場人物の人物描写もすぐれている

2014年の出版当時、インドビジネス関係者必読みたいなことが言われていたが、現在まで積ん読状態だった。読んでみて思うのは、出版から5年後の現在でも読む価値ありということだ。

インドはじつに複雑で捉えにくい存在だ。だが、この大作小説の作者は、複雑なものを複雑なまま受け止めるという姿勢の持ち主のようだ。けっして単純なストーリーに落とし込もうとせず、ストーリー自体にさらなるストーリーを展開させるという複雑な構成も、魅力的な(もちろん善悪両面にかんしてだ)登場人物の存在が軸になって読み進めることを可能にしている。

エンターテインメント小説ならではの娯楽性も備えたこの小説で、週末を大いに楽しませてもらった。


<ブログ内関連記事>

書評 『巨象インドの憂鬱-赤の回廊と宗教テロル-』(武藤友治、出帆新社、2010)-複雑きわまりないインドを、インドが抱える内政・外交上の諸問題から考察

書評 『インド 宗教の坩堝(るつぼ)』(武藤友治、勉誠出版、2005)-戦後インドについての「生き字引的」存在が宗教を軸に描く「分断と統一のインド」

書評 『グローバル・ジハード』(松本光弘、講談社、2008)-対テロリズム実務参考書であり、「ネットワーク組織論」としても読み応えあり


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年10月8日火曜日

JBPressの連載コラム第62回は、「悲惨なインパール作戦、インドからはどう見えるのか- 「形を変えて」インド独立につながっていた」(2019年10月8日)

(チャンドラ・ボースと「インド国民軍」(INA)(1964年インド発行の記念切手) Wikipediaより)

JBPressの連載コラム第62回は、悲惨なインパール作戦、インドからはどう見えるのか- 「形を変えて」インド独立につながっていた(2019年10月8日)

⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57816

「インパール作戦」について考えていると、正直いって「ノモンハン事件」以上に気が滅入ってくる

無謀で杜撰な作戦であっただけでなく、戦闘停止命令が出され、撤退が始まってからがさらに悲惨なものとなった。ジャングルの熱帯性疫病による病死者や食糧不足による餓死者が続出し、生きながら放置された兵士の肉体からはウジが湧き、街道沿いに放置された遺体は回収されることもなく白骨と化していった・・・

しかしながら、きわめて多くの犠牲者を出し悲惨な結果に終わったとはいえ、インパール作戦をまったく無意味だったと言い切ってしまうこともできない。「インド独立」という観点からは異なる側面が見てくるからだ。 

インド独立の指導者といえば、まずガンディーが想起されることだろう。だが、インド独立は非暴力だけから生まれたのではない。最終局面においては暴力による実力行使がなされたのである。そして、その指導者こそ、日本とも縁の深いチャンドラ・ボースであった。


(ガンディーとボース(1938年) Wikipediaより)

インパール作戦の日本史における位置づけと、インド史および世界史における位置づけにはズレが生じているのである。この点は、前回取り上げたシンガポール陥落と同様であり、その延長線で考えてみる必要がある。 

つづきは、本文にて ⇒ https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57816 

インパール作戦についても、大東亜戦争全般についても、またインド独立についても、新たな視点を得ることができるでしょう。複眼的な視点が重要なのです。 







<関連サイト>


Netaji Subhas Chandra Bose: The Forgotten Hero | (YouTube full version)
⇒ 2004年制作公開のインド
映画。『ボース:忘れられた英雄』(音声はヒンディー語と英語。ただし字幕なし)


<ブログ内関連記事>

書評 『巨象インドの憂鬱-赤の回廊と宗教テロル-』(武藤友治、出帆新社、2010)-複雑きわまりないインドを、インドが抱える内政・外交上の諸問題から考察

JBPress連載第6回目のタイトルは、「独立から70年!いよいよ始まるインドの時代-舞台はインド、日英米はさらに密接な関係に」(2017年8月15日)

JBPress連載第8回目のタイトルは、「ダイアナ元妃とマザー・テレサの名前の秘密-名前はプロファイリング情報のかたまり」(2017年9月12日)

JBPressの連載コラム第61回は、「悪魔か神様か? 参謀・辻政信の惨敗と圧勝-ノモンハン事件とマレー作戦、歴史は単眼では語れない」(2019年9月24日)

JBPressの連載コラム第60回は、「悲壮な肉弾戦で惨敗、「ノモンハン事件」の教訓とは-日本を破滅に導いた国境紛争、連続した世界を生きている私たち」(2019年9月10日)



 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)






Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end

2019年10月5日土曜日

映画『ホテル・ムンバイ』(2018年、豪州・米国・インド合作)を見てきた(2019年10月5日)-ムンバイの超高級ホテルを舞台に、3日間にわたって続いた悪夢のようなテロ事件を描いたヒューマンドラマ


映画『ホテル・ムンバイ』(20188年、豪州・米国・インド合作)を見てきた(2019年10月5日)。3日間にわたって続いた、10年前の悪夢のようなテロ事件を、超高級ホテルを舞台にヒューマンドラマとして描いた作品だ。

テロリストに占拠された高級ホテル。乱射されるマシンガンの激しい金属音、いつ殺されるかわからない追いつめられ感、心臓が弱い人にはムリだろう。

インド西部の大都市で商都ムンバイ(かつてはボンベイと呼ばれていた)で、大規模な無差別同時多発テロが起きたのは2009年11月26日のことだ。この事態にムンバイ警察は、ほとんどなすすべもなく、首都デリーから特殊部隊が投入され鎮圧されるまでの3日間、インド有数の大都市は生き地獄のような状態に置かれていた。

テロリストのターゲットになったのはムンバイ中央駅と高級ホテルやカフェ。交通機関をマヒさせ、外国人宿泊客の多いホテルを占拠することで、最大限の効果をあげることを目的としていた。映像重視のメディア時代であるのみならず、SNSで簡単に画像や動画が送信できる時代であり、地獄絵が世界的に同時配信されることを意図していたのだ。

若いテロリストたちも、インカムを常時装着して指示をあおぎ、報告をおこなっている。声だけ聞こえて、目に見えないテロ指導者の存在。テロの性質をよく物語っているといえよう。


(アラビア海に面した大都市ムンバイ テロリストのターゲットとなったポイント wikipediaより)

ターゲットとなったホテルは、タージマハル・ホテルとオベロイ・トライデント・ホテル。この映画の舞台となったのは前者のタージマハル・ホテルである。

タージマハホテルは、1903年に開業したムンバイを代表する格式ある超高級ホテル。世界の政治家・王侯貴族・セレブが多く宿泊することで有名だ。


■テロリストは海の向こうからやってきた

テロリストの素性は、現在でもよくわかっていないようだ。パキスタン系のイスラーム過激派であることは確かなようだが、特定はされていない。テロ事件の直後から、インド成政府はパキスタンに対して強硬な姿勢を示したが、テロ事件がいつ再発してもおかしくない状況だ。

映画の冒頭のシーンが印象的だ。テロリストは海の向こうからボートでやってきたのだ。というのは、ムンバイはアラビア海に面した海港都市であるからだ。映画の内容もさることながら、大都市が海からのテロ攻撃に脆弱なことを示しているこのシーンは印象に残る。テロリストたちは、上陸後にタクシーに乗車して、ターゲットに向けて分散していく。


(海からみたタージマハル・ホテル 英語版ポスター wikipediaより)

鎮圧には3日間もかかったことも驚きである。ムンバイには特殊部隊がいなかったためだ。首都デリーから投入されるまで待つしかない状態だったのだが、デリーからムンバイまでの距離は約1,400km、準備にかかる時間をカウントしても、ホテルに閉じ込められている宿泊客たちから見たら、絶望的に長い時間であっただろうことは容易に想像できる。

乱射される自動小銃AK47の激しい金属音、いつ殺されるかわからないという、絶望的な追いつめられ感。エンターテインメントではあるが、迫真の映像と音響のリアリティは高い。


■危機対応のリーダーシップとマネジメント

この映画で印象的なのは、テロリストの攻撃を受け占拠されたホテル内で、危機対応のリーダーシップをフルに発揮し、的確なマネジメントを遂行した料理長の存在である。

彼の存在がなかったなら、宿泊客の犠牲者はもっと多かったことだろう。実話をベースにしているこの映画では、登場人物の多くが射殺されてしまうのだ。

テロリストの攻撃など想定もしていなかったときに、ミーティングででてきたことばも印象深い。それは、「お客様は神様」(Our guests are gods)というセリフだ。こういうフレーズは日本だけではなかったのだ。多神教世界のインドならではであり、英語でこのフレーズが語られても違和感はない

ホテル従業員のあいだに「お客様は神様」というマインドセットがあってこそ、チームとして動くことができたのだ、と納得する。強力なリーダーのリーダーシップだけでは事は進まないのだ。チームメンバーのフォロワーシップあってこそ、一人一人が使命達成のために動くことができるのである。

こういった観点から、この映画を見ることも可能だ。リーダーシップの映画でもある。

そういえば、『ホテル ・ルワンダ』という映画もあったなと思い出した。これもホテルマンが主人公の映画だ。内戦状態のルワンダを舞台にした物語であった。


(映画のチラシの裏)


■クライシスはインドとタイで同時進行していた

インドでムンバイで無差別同時多発テロが起きたのは、ちょうどタイの首都バンコクのスワンナプーム国際空港がデモ隊によって占拠され、封鎖されたその日のことだった。

2008年11月26日未明、スワンナプーム空港が閉鎖、全便運行中止されてしまった。わたしはといえば、この当時はタイのバンコクで現地法人の代表を務めていたのだが、たまたま前夜発(だったと記憶する)の便で翌朝には日本に帰国していた。だが、逆にバンコクに戻れなくなってしまったのだ。

結局、シンガポール経由でプーケットに飛び、そこから陸路でなんとかバンコクに戻ったのだが、この経緯については、タイのあれこれ (21) バンコク以外からタイに入国する方法-危機対応時のロジスティクスについての体験と考察- に書いてある。

日本に帰国したまま、バンコクに戻れなくなったわたしは、日本国内でバンコク状況の把握に努めていたが、ムンバイの同事態発テロ事件にも衝撃を受けていた。国際ニュースで取り上げられていたのは、この2本が最大のものだったはずだ。

ムンバイから脱出しようとしても、インドからの国際便の本数の多いバンコク便が運行しておらず、そうとうな混乱状態になっているであろう、と。実際、そんな目に遭遇した人もいたらしいことは、あとから知った。


ムンバイのテロ事件と、バンコクのデモ隊による空港占拠は、性格も背景もまったくことなる独立した事象であるが、時間的に同時に起こった事件であることは共通している。

ある事件が取り上げられる際には、それ以外の情報がいっさい切り捨てられてしまうが(そうでないと輪郭がぼやけて理解しにくくなるからでもある)、この2つの事件が、同時進行の事件であったことを想起してほしくて、あえて補足情報として書いておくことにした次第。







<関連サイト>

公式サイト https://gaga.ne.jp/hotelmumbai/ (日本版)
トレーラー  https://www.youtube.com/watch?v=A8IxhVslvro


<ブログ内関連記事>

書評 『巨象インドの憂鬱-赤の回廊と宗教テロル-』(武藤友治、出帆新社、2010)-複雑きわまりないインドを、インドが抱える内政・外交上の諸問題から考察

書評 『インド 宗教の坩堝(るつぼ)』(武藤友治、勉誠出版、2005)-戦後インドについての「生き字引的」存在が宗教を軸に描く「分断と統一のインド」

書評 『グローバル・ジハード』(松本光弘、講談社、2008)-対テロリズム実務参考書であり、「ネットワーク組織論」としても読み応えあり

自動小銃AK47の発明者カラシニコフ死す-「ソ連史」そのもののような開発者の人生と「製品」、そしてその「拡散」がもたらした負の側面

「13日の金曜日」にパリで発生した大虐殺(2015年11月13日)-「テロとの戦い」に重点を置いたフランス共和国の基本を知る

書評 『自爆する若者たち-人口学が警告する驚愕の未来-』(グナル・ハインゾーン、猪俣和夫訳、新潮選書、2008)-25歳以下の過剰な男子が生み出す「ユース・バルジ」問題で世界を読み解く


 
(2019年4月27日発売の拙著です)



(2017年5月18日発売の拙著です)


   
(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!









end